Vlog

GoPro Hero7新機能 最大のオススメポイント!ジンバルいらずのHyperSmooth。手持ちだけでヌルヌル動画撮影が可能に

投稿日:

2018-11-3 ジンバルをつけることも追求してます、

※ 動画を追加しました。

こんにちは。

9月27日,iPhone Xs Max から遅れること5日。

世の中にとんでもない怪物が産声を上げました。

GoPro Hero7.

アクションカムのデファクトスタンダードな製品です。

発売以来、毎日のようにYouTubeに新機能についてのレビュー動画が上がっています。

それらを見ていて、先日GoPro Hero6を買ったばかりなのに,私は今回7を買ってしまいました。

それは、手ブレを消してしまう「Hyper Smooth」のあまりのすごさに圧倒されたからです。

この記事では,Hero6を買ったばかりの私に購入ボタンをぽちらせた,Hero7の「HyperSmooth」のすごさについて解説します。

スポンサーリンク

私にポチらせたHyper Smoothとはどんな機能なのか

ハイパースムース。

Hyper Smooth

パッケージにわざわざ表示している自信。

まさにこの言葉に,「もうジンバルはいらない」というHero7の手振れ補正のすごさへの自信が示されています。

そう,このHero7は,Karmaグリップや,Rider-Mなどのジンバルを取り付けなくても,手振れのない動画を撮ってくれるのです。

手振れについてさらに詳しく

普通,カメラを手持ちで撮ると,カメラは4つの方向にぶれます。

  • 前を向いた状態での,おじぎをするぶれ Pitch
  • 首を左右に振るぶれ Pan
  • 前を向いた状態で,扇のように振るぶれ Roll
  • そして,前を向いたままの上下のぶれ

これらがカメラを持つ手にはたらいて手ブレを起こし、後で見ると酔ってしまうようなぐにゃぐぬゃ動画になってしまうんですね。
皆さんにもそのような経験があるでしょう?

ジンバルについて少し説明

ジンバルという機材をカメラにとりつけると,それらの動きとは逆回転の動きをモーターにより即座にカメラに加えることで、手ブレを相殺します。

例えば,お辞儀方向にぶれると,その角度が瞬時にモーターに伝わり,モーターが同じ角度だけ逆回転をかけるので,結果的にカメラはお辞儀と関係なく前を向いたま,となるのです。

そしてあたかも映画のように,三脚に乗せ、スライダーで動かしたかのようなヌルヌル動画を作り出すことができるのです。

iPhoneの手ぶれ補正はすごいものですが、それでも前を向いて歩きながら前方を撮るとどうしても揺れが多少残ります。

多少の揺れでも、見ていると気持ちの良いものではありません。

 

そこで、これまで私はOsmo Mobileというジンバルをつけていました。

動画好きにはたまらない! Osmo Mobileがあると、あなたの生活がもっと楽しくなるよ

DJI Osmo Mobile使用3ヶ月目のレビュー

 

先日買ったHero6はジンバルをつけずともそれ自体での手ぶれ補正がかなり優秀だったのですが、これも、ベルトに付けて撮ると、扇方向の揺れが出てしまいます。

それで、Rider-Mというジンバルをつけていました。

それらをつけると素晴らしい動画が撮れるんです。

でも、取り付けるのが面倒だったり、ジンバル自体の持ち歩きにかさばったりするんですよね。

ジンバルいらずのHyper Smooth

ところが、Hero7の「Hype Smooth」は、これらのジンバルが全くいらないほどの補正をしてしまいます。

この動画をご覧管さい。

冒頭から驚かれたと思います。

これはジンバルなしの映像なんですね。

まさにジンバルいらず。Hyper Smoothの威力です。

わたしは,これが欲しかったのです。

スポンサーリンク

ウェアラブルデバイスとしての手ブレ

上にあげたようにHyper Smoothがいかにすごいかということについては、下の方にアップしているGopro Hero6の動画を見て、上の動画と比較していただければ分かりと思います。

かなりの扇型方向のゆれが目立ちます。

 

実は、手持ちで撮ればHero6でもかなりの手ぶれ補正が効きます。

腕が体の揺れをある程度吸収するからです。

ところが、Goproの良さは、ウェアラブルであるところにあります。

体のどこかにくっつけて撮影しっぱなし。両手は空くのでスポーツやら食事やら様々なことができる。

それがウェアラブルの良さなのです。

そこで、例えば下のようなマウントで体にくっつけます。

Gopro Hero7 クリップマウント

これは,クリップ型のマウントで,下の方が強力なクリップになっているんです。

これを身に着けているものに挟んで,GoProをマウントするわけです。

服につけると左右に揺れるので、ぴったりと体に装着できる重みのあるカバンやリュックなどのベルトに付けます。

クリップマウント

これでしっかりと体にマウントします。

そうして歩いた動画がこちらです。

すごく揺れますので,お気をつけて・・・。

普通に歩いたらどうしても扇型のゆれが出てしまいますね。

だからといって、いわゆるジンバル歩き(膝を曲げて揺れを吸収させ、体を水平に保ちながら、狂言役者の歩き方のようにそろそろと歩くこと)をしていては、アクションカムの良さが損なわれます。

ですから、これまでのGoproでは、体にマウントして普通に歩きながら揺れを取るためには、なるべくゆっくり歩くとか、ジンバルをつけるとかしかなかったんですね。

 

ところが、Hero7のHyper Smoothを使うことで、今後は体にクリップなどで取り付けるだけで普通に歩いて撮ることができるようになるのです。

これが,今回私がHero7をぽちった最大の理由です。

Gopro Hero7のHyper Smoothを身体マウントでためしてみたらジンバルいらずだった!

おまたせしました。

ネックマウントで首からぶら下げただけで撮った動画です。

たったこれだけです。マイクも特別に使っていません。

ネックマウント Gopro hero7

粗々の動画ですが,伝わるんじゃないかと思います。

いかがでしょうか。

坂やカーブでは,歩き方が変わるようで,かなり揺れが目立ちますけど,比較的平らでまっすぐな道なら十分ではないかと思います。

マイクも上々ですね。

Hero6の時のようなくぐもった感じにはなりません。

 

これからは,Hero7だけをポケットに忍ばせて街歩きに出られる。

こんなにうれしいことはありませんね。

 

更新 2018-11-3

とは言いながら、やはりウェアラブル・ジンバルの力も必要です。

Gopro7をウェアラブル・ジンバルRider-Mに取り付ける最高のソリュージョンとは

 

更新履歴

2018年10月18日 公開

2018年10月20日 検証動画追加

2018-11-3 ジンバルの最適解について

コーチLyustyleのサイト

lyustyle
コーチとして活動するにあたり,専門のサイトを立ち上げました

コーチングLyustyle

  • コーチングの意味
  • コーチングを受けることで得られるもの

などに加え,

さまざまな悩みや問題をともに考え前進していくための情報を掲載していきます。

こちらのブログとは協力に連携をしていくつもりです。

lala
どうぞご訪問ください。

メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-Vlog
-, , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.