09 挑戦し続ける

Mastodonというのがいいものだと今更思った

投稿日:2018年2月5日 更新日:

 昨年、あちらこちらでMastodonという名前を目にしました。

 あたらしいタイプのSNSでなかなかいい、という評判。

 わたしも Mastodon.jp とか、居住地系Mastodonとか、PixivのMastodonとかいくつか入りましたけど、今ひとつそのよさがよくわかりませんでした。

 

 インターフェースは、TwitterのクライアントであるHootsuiteとよく似ており、メインのタイムライン、通知、お気に入りなどそれぞれのカラムを一度に見ることができるようになっており、そういう見た目からもTwitterとどうちがうんだろうな、と思っていたわけです。

 そこで発言することもなくしばらく流れを見ていましたが、結局はまることもないまま、わたしはMastodonは私にはあまり必要ではないものかな、と思っていました。

 

 ところが、今回、あるインスタンスに参加した結果、私のMastodon観は大きく変わりました。

 それは、同じクラスタ同士で集まると、加速するなという気持ちです。

 

 Twitterはさまざまなクラスタがタイムラインでごちゃ混ぜになっています。

 私には興味を持つ分野がたくさんあり、それぞれの分野でたくさんの人をフォローしています。

 ですからタイムラインはあの興味、この興味の内容が次々に流れていきます。

 それはとてもよいことです。

 そこからセレンディピティが期待できますし、実際にそういうことが起こったこともあります。

 思いもしなかったことへ興味が繋がっていくこともあります。

 自分の興味が拡散していくのです。

 

 ところが、今回、Mastodonのインスタンスでいくつか質問や発言をしていて、等質なもの同士のつながりは、持っている興味、強みをブーストする良さがあるな、と思いました。

 

 今回登録したのは、1週間分のIT情報を伝えてくれるポッドキャスト、Backspace.fm を聞いている人たちが主な成員である「Mastodon.guru 」 一般に「グルドン」と呼ばれています。

 そこでは Backspace.fm を聞いた人たちが活発に会話されています。

 また Backspace.fm の中でも、グルドンでの書き込みを取り上げていたりします。

 Mastodonのインスタンスと、ポッドキャストとが双方向に情報のやり取りをして、いわば「生きている」という印象がすごくするのです。

 

 それらのひとつひとつが私の興味のある分野です。

 私はぜひ仲間に入れてもらいたい、会話に入りたいと思いました。

 しかし、簡単には登録できません。二千人を超え、すでにクローズされていたのです。

 入れないとなると、憧れの対象になります。

 入りたい、私もメンバーの一人になりたいとずっと思っていました。

 

 それが先日、ちょうどポッドキャストのライブ配信があることをメーリングリストが知らせてくれました。これまでアーカイブでしか聞いたことがなかったので、いそいでブラウザを開いて見ると、「現在グルドンをオープンしています」というメッセージがあるではありませんか。

 いそいで登録し、改めてログインしました。

 私も晴れて、憧れのインスタンス「グルドン」の一員になれたのです。

 

 

・・・とここまでは、中学生みたいな話です。

 あこがれのアレに入れてもらえた、というよくある話です。

 

 ここからが知的生活ネットワークの内容です。

 

 私はさっそくある質問をしてみました。

 それはこれまで1年間以上にわたって解決しなかった問題です。

 Twitterでつぶやいても、ネットで検索してもどうしても分からなかった謎があるのです。

 

 それは、あるデジタル製品の使い方に関する問題でした。

 その製品を買おうかどうしようか迷っているのですが、そのためにぜひ知りたいことだったのです。

 ネットをいくら探しても分からなかったことです。

 それが、このインスタンスの中で呟いた途端、一発で答えをいただきました。

 

 その時、Mastodonの良さがわかりました。

 

「これって、昔のパソコン通信のSIGじゃないか」ということです。

 

 PC-VAN や Nifty の時代のパソコン通信ネットワークの中に開設されていたたくさんの「部屋」

 そのリアルタイム版だったのです。

 

 同じ趣味やクラスタの人同士が、サークル活動のように「SIG」という部屋に入り浸ってわいわい喋る。まさにそんな感じなのでした。

 そこでは、知識や思考が深掘りされます。

 知っていることや考えていることがぐんぐんブーストされるのです。

 同じものが好きな人たちの集まりですから。

 

 Twitterは、異質なものからタイムラインができあがります。

 そこからは、思ってもみなかった考えが起こることがあります。セレンディピティです。

 

 しかし、あまりにとがったニッチな会話は埋もれてしまいます。

 Mastodonはそこを埋めてくれるものだと思いました。

 そんなところです。







メルマガ講座「10年ブログによるブランディング講座」

登録

10年ブログによるブランディング講座は30通のメールによる講座です。
また,2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」をはじめとする「知的迷走通信」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,30通のメール講座が始まります。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-09 挑戦し続ける
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.