DTM レビュー 仕組みづくり 試してみた

Band In A Box 25 で、10分以内でBGM作成

投稿日:

 VLogを始めてからぶつかったのが、BGMをどうするのかという問題。

 自分がぺらぺら喋るジンバル・ウォークならいいですが、そうでない動画の場合、やはり裏で雰囲気を盛り上げる音楽を流していたいものです。

 しかし、自分が好きな音楽だからといって、著作権のあるものを流すわけには行きません。

 配信した動画に警告がついてしまいます。

 一度、バンドの練習風景を限定公開でアップしたことがありますが、原曲を流してそれに合わせて演奏する風景だったためその原曲を流していることについて注意が来たことがあります。

 それ以来、音楽は、フリー音源を探すことに注意を向けて来ました。

 甘茶工房さんの音楽とか、iMovieに最初から組み込まれている、皆さんのVlogでよく聞くあんな音楽とか。

 しかし、音楽を選ぶのが一苦労で、特にiPhoneで撮影から編集、アップロードまで完結させてしまおうというお手軽Vlogを始めてからは、iPhoneに曲を持ってくること自体がさらに面倒になりました。

 そうなると、もう最初から組み込まれているあの曲ばかりになってしまうわけです。

 流石にこのままずっといくわけにもいかんなあと思い、今回、Band in a Box の4度目の購入に踏み切りました。

Band in a Box 25

四度目の衝撃

最初の衝撃 1995年

 最初に購入した1995年。さすがにおどろきました。コードを並べてスタイルをつけるだけで音楽ができるのです。

 これで作った曲は、MIDI音源モジュールでアウトプットして録音し、mp3にしていまでも使っています。

 この曲です。

 途中で面倒くさくなってやめちゃったので未完成なんですが,使える部分を使ってます。

二度目の衝撃 1999年

 確かバージョン8だったと思います。

 前の年に20万円くらいかけて、ビデオ編集の環境をつくりました。

 Premier8万円。ビデオキャプチャ用の高速回転HDD(たった4G)6万円。ビデオキャプチャ用の高速転送できるボード6万円。この2年後に、VAIOにこれだけのものが標準搭載になった移行期です。

 その動画にBGMをつけたくて書い直しをしました。

 この時の衝撃は「ワンボタン一発音楽作成」に尽きます。

 コードを入れることもない。「メロディスト」という昨日から、コード自動作成を選び、あとはスタイルを選択しさえすればフルコーラスの曲が出来上がるのです。

 次々に使いたい曲ができるので、かなり量産しました。

 

それでも、BIABで作った曲はなんとなく移調のしかたや繰り出してくるメロディにBIABでつくったな、と感じられる要素があるのが気になりました。

三度目の衝撃2002年頃

 すでにバージョン11になっていました。

 バージョンアップのスピードがやたら早いです。

 ここでの衝撃は、「メガ・パック」

 入っているスタイルや、「ソリスト」と呼ばれるソロを取るための実在プレイヤーをモデルにしたデータがやたらと入っているのです。たしか4000以上ではなかったかな・・・

 これで、以前のバージョンにあった「ちょっとBIABっぽいな」という感じはかなり薄れました。

今回の衝撃

 今回はぶっ飛びました。

lyustyle
 「これ、曲じゃん。DTMでつくった、MIDI音源ライクな曲じゃなく、実際に演奏してるじゃん」

というような曲が生成できるようになっているのです。

 ほぼ10年ぶりのBIABとの再会でしたので、すでにバージョン18でこのリアル演奏を可能にする「リアルトラック」が搭載されていたのにそれを経験していなかったのです。

 この音はすごすぎます。

 息遣いやフレットの押し加減による音の揺れみたいなものまで再現されます。当然です。実際の演奏データを使っているのですから。

 ものすごい衝撃でしたね。。

 ずっと使っている方は、そんな7つも前のバージョンについた機能に今更感激するなよ、とお思いだと思いますが、まあ、許してください。

素人が作曲してもいい時代

 私が勝手に師匠だと思っているドリキンさんのVlog界隈では、自分のBGM作成祭りが行われている最中です。

 GarageBandのループによる曲作りをすることで、コードのことも何もわからない初心者が、BGMに使えるレベルの音楽をすぐに作れてしまうということで、多くの曲が生まれています。

 私もちょっと乗っかりかけましたが、BIABを使えば、作るだけならさらに簡単なので、こちらでいくことにしました。

 素人が音楽を作って楽しめる時代。つかわなきゃもったいない。

 私は、これまでBIABをバンドで演奏する音楽を作曲するためのインスピレーションを得るために使っていました。

 また、できた音楽をMIDIデータでSonarにわたして、より高度な編集を加え、でも音源を作っていました。

 しかし「作曲」はすでにプロのミュージシャンだけのものではなくなりました。

 素人が楽しむために作曲してそれをいろいろと使うという楽しみ方が生まれているのです。

 作曲は、ミュージシャンだけのものではない、。

 素人がどんどん曲を作って、ワイワイ楽しみましょう。

素人作曲動画

 そういう思いを込めて、動画をつくろうかと思っています。

 「BAND IN A BOX 25 〜10分以内で1曲作成」という動画です。

 曲自体は、起動してからほんの1分でできてしまいますが、実際には、スタイルを変えてみようとか、使用楽器を変更してみようとか、ソロをとるミュージシャンを変えてみようなど、気軽に質を高めていけるのでどんどん時間がたっていくのです。

 だから、10分以内でという縛りをつくって作曲をするようにしてみました。

 さくさくつくるための技能も身につくのではないかと思います。

 この動画を見て気になった人が、「私もやってみよう」ってなってくれたらいいなと思います。

 下の動画で作った曲がこれ。

Band in a Box 25

 私の方は,つくったVlogにBand in a Box 25を使って作った曲をどんどん使っていくつもりです。

最新Vlogはこっち

 ということで,最新Vlogはこちら。ジンバル・ウォークなので,BGMはありませんけど,おなかが減りますよ。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

2018年7月現在,週1回金曜日に「Lyustyleの読書」を配信しています。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-DTM, レビュー, 仕組みづくり, 試してみた
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2018 All Rights Reserved.