03 健康とダイエット

喘息の、季節に備えること

投稿日:2017年10月10日 更新日:

 ここ数年、喘息がきつくなってきた上、長引くようになってきたので対策をしなければなりません。

 病院に行って予防することは前提として、それ以外でどんな備えが必要なのか調べてみました。わたしの喫緊の課題です。

喘息の苦しさ

 まず、喘息の苦しさについてです。

 私の喘息は命の危険があるほど期間が閉塞してしまうほどではありません。

 ゼーゼーと喉が鳴動しはじめると咳が出ます。

 一旦出だすと止まりません。で続けます。

 これが苦しいのです。

 咳は全力で出しますから、体力がみるみる取られていきます。数秒おきに全力で大声を出すことを考えてみてください。いかにそれがつらいかお分かりかと思います。

 時には勢いを強くしすぎて、喉を切ってしまい、血が出ることもあります。

 命の危険はないけれども、気管は肥大していますので、苦しいです。

 深い息をした途端せきがでますので、浅くしかできません。酸素が足りなくてたくさん息を吸いたいのに、吸うと激しい咳が待っているのです。

 

 ここまで行き着くまでにだいたい病院にいくのですが、時々いきそびれてしまうとこうなります。

 席がで始める前に病院に行かなければならないのです。

咳がで始める前に対策しておきたいこと

 毎年、季節の変わり目に喘息の発作が起きることはわかっているのですから、それに合わせて対策を寝る必要があります。

風邪やインフルエンザにかからないようにする

 喘息は、風邪がきっかけになって発症することが多いと言われています。僕の経験からもその通りだと思います。

 ちょうど秋の始まりの今のような季節、暑いからと言って横になって寝ていると、急に肌寒くなって目が覚め、その時にはすでに風邪をひいているというようなことがあります。

 急激な気温の変化に備えなければなりませんね。私はこれで風邪をひき喘息の引き金になることをなども繰り返してきたので,寝るときには,きちんと毛布や布団などを用意してから寝るようにしています。

薬をやめない

 医者から処方された薬はやめずに最後まで服用します。

 僕は、もらったくすりを最後まで飲まずにやめてしまうことがよくあります。

 特に喘息の吸入薬は、何十回分もあり、まったくきつくなくなってからも飲まないといけないことがよく分からず、やめてしまっていました。しかし、これはよいことではないんですね。

 きつくなくなってからもちゃんと飲んでしまうことが大事なんですね。

喘息が出た時の対処法

楽な姿勢をとり、体を休める

 忙しい時にはこれがなかなかできず、どんどんこじらせてしまい、かえって治るまでに時間がかかりました。

 いったん仕事をやめて、横になって寝ることを数日続けるとかなり楽になります。

 喘息の時には呼吸に困難さが出るのだから、神経を使う仕事などをするべきではないのです。うまく折り合いをつけて優先順位の高い仕事のみで抑えることが大事ですね。

 

 喘息には,予防が一番。
 「せきがでないようにすることが大事なんですよ」とよく言われます。
 咳が出てしまう前の予防を心がけていきたいですね。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-03 健康とダイエット

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.