Osmo Mobile Vlog Youtube

Lyustyleのジンバル・ウォーク Episode002 ~GH5の手持ち撮影も使える

投稿日:2017年10月8日 更新日:

※ 2017-10-9 追記しました。Bluetoothマイクからの入力は,iPhoneのカメラではできませんでした。悲報。


 先週から始めたお散歩Vlog「Lyustyleのジンバル・ウォーク」

 今度の週末はどこでジンバル・ウォークをやろうかとワクワクしながら、待ちに待った週末がやってきました。

 三連休ですが、中日に校区の運動会があるので、使えるのは今日と最終日です。

 一本は、よく行くカフェへの道中を

 二本目は、博多駅から天神方面へ歩いてみようかと思っています。

Osmo Mobileの吊り下げを試す

 街中を通るので、Osmo Mobileを構えていると少し恥ずかしいので、吊り下げ式で歩くことに。

 吊り下げ式というのは、キャンドルのように持つのではなく、本体を下にしてぶら下げるような持ち方です。  視点は低くなりますが、恥ずかしさ度はかなり低減。

 本物のジンバル・ウォーカーになったらきっと恥ずかしさなどどこかに行くのでしょう。

困った点

 吊り下げると、ジンバルとしては上下に180度回転するわけですからなんとかピッチをそれに合わせようとジタバタします。

 そして、当然のように「そんなに首回せんよ!」とエラーが出て怒られます。

 そのために、設定で「ピッチロック」をオンにして、首の上下の傾きをロックします。 そうやって吊り下げると、ジンバルは、最初に構えていた時の方向を変えないまま、ぶら下がってくれます。  撮れた画像は、上下に首を振った画像ではなく、ただ、エレベーターの上下のように見えることになります。

 こうして吊り下げながら歩きました。

iPhoneが遠くなり、声が録れないじゃん!

 そうなんですよ。

 吊り下げると、画面が足の下の方に行きますので、大声を出さなきゃ録れません。

 いかに本物のジンバル・ウォーカーになっても、大声で叫びながら道を歩くのはちょっと・・・

ワイヤレスマイクをポチりました

 そこで、必要になるのが外部マイク。

 ピンマイクを襟あたりにつけておけば、iPhoneは離れてもちゃんと音が録れます。

 やったね!

 ところが、それができないのです。

 Osmo Mobileでは、iPhoneを装着した時、マイク端子をホルダーのパーツがピタッと隠してしまうのです。

 だから、差し込み式の外部マイクはつかえません。

 ワイヤレスマイクは色々でてますが、受信部をジャックに差し込むタイプばかりなので、これもNG。

 そうしたら、ないんですよね。なかなか。

 Bluetoothで直接入力できるマイク。

 そしてようやく探し当てたのがこれです。

SoundPEATS(サウンドピーツ) Q12 Bluetooth イヤホン 高音質 apt-X対応 マグネット搭載 マイク付き スポーツ ブルートゥース イヤホン ブラック

http://amzn.to/2z4t0NQ  ワイヤレスイヤホンにマイクがついているタイプ。

 本来ハンズフリー通話用なので、マイクによる録音はできるようです。

 来週は、これを使ったジンバル・ウォークができるでしょう。

悲報 iPhoneのカメラでは,BlueToothマイクは使えなかった

※ 追記2017-10-09

 残念でした。

 ペアリングが完了して,さあ,カメラアプリを開いて録画ボタンをおしました。

 マイクでペラペラしゃべってみました。

 ・・・・・

 しかし,入っていたのは,iPhoneのマイクからの音声でした。

 ためしに,離れてしゃべってみましたが,小さい音でしか入っていません。つまりBlueToothマイクが機能していないということです。

 いろいろ調べてみましたが,iPhoneのカメラでは,ジャックに差し込む外部マイクはOKでも,BlooToothマイクからの入力はできないようです。

 

 iPhoneアプリのボイスレコーダーなどはちゃんとBlooToothマイクからの入力ができます。

 ためしに,iPhoneを置いてボイスレコーダーを起動し,離れてから入力してみました。そうしたらきれいに録音されていました。

 DJI Goのカメラアプリでも,Filmic Proでも確認しましたがだめ。

 Filmic ProはさすがPro版だけに,どのマイクから拾うのかという設定までありましたが,そこに選択肢があるのはiPhoneの内部マイクだけでした。

 実に残念。

 PCから投稿するならば,PCMレコーダーか何かで別撮りしたらいいのですが,なるべくiPhoneだけでやりたい,という気持ちでいますので却下。

 結局,二つの道しかありません。

 ◯ Osmo Mobileを使うときにはiPhoneのマイクに向かって大きな声でしゃべる

 ◯ どうしてもマイクでしゃべりたいなら,Osmo Mobileを使わないで,ライトニングケーブルのジャックを開放し,Apple純正イヤホンのマイクを外部マイクとして使う

 以上です。

 いつか,解決できる時が来るでしょう。

GH5の手持ち撮影も使える!

 前回、思いつきでGH5の手持ち撮影を入れて見て、とても綺麗だったので、GH5用のクレーンが欲しくなったよう、と私が駄々をこね始めました。

 仕方ないので、昨年,まだOsmo Mobileを買う前に,iPhone用に買ったShoulder Podの取っ手部をGH5に取り付けて持って行きました。

 下の写真の真ん中。取っ手が取り外せるようになってるのです。

http://amzn.to/2y78fmA  途中、それでGH5をキャンドルの用に持って撮ったら、ロール方向(進行方向に向けてスクリューのように回転する方向への回転がそんなに目立たず、しっかりGH5の手ぶれ補正が効いて、まずまず使える動画が撮れました。

 

 また,GH5で動画撮影をしたら,撮影中にGH5クオリティで写真を同時に撮れるんです。

 これ,いいですよね。  そもそも,GH5は動画用カメラとして導入するカメラマンも多いそうだし,私自身動画を撮るために買ったのだし,Youtube用にも使っていきたいところです。

GH5用のジンバル、欲しいよう!

  やれやれ、火に油を注いでしまいました。  GH5で、4k30pの動画です。

 それは綺麗です。

 ジンバルも欲しくなるのも当たり前ですね。

 仕方ないね・・・

 (-。-)

 (-。-)

 ٩( ᐛ )و

Zhiyun Crane V2

 あれ?先週よりちょっと高くなってる・・。

今日のVlogは・・・

 今日は、GH5の動画を入れ込むので、iPhoneでお手軽にというわけにはいきません。

 iMovieでざっくりカット編集したら、それをPCに入れて、premiereでGH5の動画と合わせてからエンコードします。

 なんと4kで撮ってるので、どれだけかかるか心配。

Episode002 Osmo Mobile吊り下げ式でお散歩動画

 できました。

 いや,びっくりしました。

 GH5での4K撮影で撮った動画に切り替えたとたん,世界が明るくなりました。

 4Kの動画って,こんなにきれいなのか。

 もちろん,エンコードの時にはHDに下げていて,1920×1080のHD画質にはなっているのですが,それでも全然違います。

 途中,14分5秒を過ぎたあたりからGH5の動画に切り替わりますのでご覧ください。

 可能ならば,画質設定で1080pにしてご覧ください。

 さすがにPremiereでの編集は激重でつらかったです。

 でも,今回4Kにかなり魅力を感じましたので,Episode003では次のようにやりたいと思います。

 

 ●iPhoneで4Kを撮り,

 ●それをiMovieでカット編集,4Kのまま保存。

 ●それをYoutubeにアップするときにHDでアップロード

 

 という方式でやってみたいと思います。

 これなら,いつものお手軽Vlogで,Premierも通さずにできます。

 どのくらい緻密になるか楽しみです。

更新履歴

公開:2017-10-7

更新:2017-10-8 動画を埋め込み

追記:2017-10-9 Bluetoothマイクからの入力はできなかったこと







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-Osmo Mobile, Vlog, Youtube
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.