08 知的生活の迷走 また何か始めた

「20冊並行読書」的な私の生き方

投稿日:

 メルマガでもメインブログでも20冊平行読書〜と喧しく言っております。

 それでも、読む本が限られておりますので、できるだけ広げるように前回の週次レビューで「1日3冊は目を通す!」という課題を設けた次第です。

 だいたい帰宅時立読で3冊目を通しており、「広げる」という目標は達成しています。

 

 さて、そういうことをしているうちに、あることを思いました。

 それは、「私の人生って20冊平行読書みたいなもんだなあ」ということです。

 

 20冊平行読書というのは、読了を目標とせず、次々にできるだけたくさんの本に目を通し、その中から至高の一冊を見つけるために行います。そうして見つけた一冊の本を生涯にわたって何度も何度も熟読し自分の古典としていくのです。

アイドル時間をつくらない! 「20冊並行読書」のやりかた

 たくさんの本に出会うための平行読書。

 まさに私の人生っての歩み方ぴったりではないですか。

 ないですか、といわれても、私のことをご存じない読者の方は困られると思いますが、私のブログのコアな読者でいらっしゃる方は、「またか」「また何か始めた」の連続の私のブログを見て、「確かにな」と思ってくださることと思います。

 

 そう。

 私は本当に子どもの頃から、あれを始めたと思ったら次のことを始め、すぐに興味を失い別のことを始める。そんな中でさまざまなことをしてきました。

 広く浅くの典型的な人生であり、とうとうこの歳になるまでなんら一流になれるほどのものを持たずにここまできました。

教師としてのスキルは?

 仕事である教師としてのスキルは別です。仕事上のスキルを一流に仕上げていくのは当然のことです。だから、教師としての腕はかなりのところまで上げることができたと思っています。

一般の方にはとてもできない技を使って子どもたちを「わかる、できる」ようにしていくことができると思っていますし、それができるのが教員免許を持っているものの当然の姿です。

 しかし、そのスキルは一生もののスキルではありません。

 退職して教師ではなくなった時、そのスキルを役立てる場所は相当限られるでしょう。

 だから、教師としてのスキルについてはここでは考えの中に入れていないのです。

 

 さて、一生もののスキルの話に戻ります。

 どこかで「これ!」というものに出会ってそこを深堀りしていけば、その点については相当の腕の持ち主になれていたと思いますが、そういう深堀りの跡もぼこぼこ開いています。

 深堀りを始めようと思ったものは・・・

ギターで、ジャズのインプロビゼーションを自由自在にできるようになる

 ある曲を練習すれば、人が「おお!」というくらいには演奏できるが、即興で自由自在にには弾けない。

CGイラストレーターになる

 1990年代からPC98を使って、グラフィックソフトで絵を描いてきたが、ろくに完成できたものがなく、ここ数年になってようやく挿絵という形で発表できるようになった。とてもイラストレーターの域までは達することができていない。

3Dソフトを習得して3Dアニメーションをつくる

 2000年代の初め頃、3Dのソフトがようやく一般の手に届くようになりそれをきっかけに長年夢にまで見た総合3DソフトがであるLightwaveを2年のローンを組んで購入。

Lightwave3D

 人体モデリングを始め、2003年ごろにはかなり見られるものができるようになったが、本来ならデザイン工房などで何人もの手を経て作られるものを一人でやろうとしていたため、討ち死に。

 30数万円のソフトがまだ日の目を見ずに眠っている。バージョンアップだけはし続けており、18年たった。その間、バージョンアップ代で本体と変わらなくくらい支払っているが、それが作品にもマネタイズにも役立っていない。

 数年前にZbrushという、3dモデリングソフトを10万ほども出して購入。ある程度のものはつくれるようになったが、それも作品をひとつも出せずに眠らせている。

DeskTopMusicを極め、音楽をたくさん作曲し、自分のCDをつくる

 パソコンで音楽を作ることを始めたのは、グラフィックを始めた頃と同じ。パソコンでできることをあれもこれもしようとしていたためと思う。

 1990年に、キーボードを弾いたらそのまま楽譜として入力できることに瞠目し、以来機材やらソフトとやらでいくら投資したのか自分でもわからない。しかし、その結果できた曲は、25年間で10曲に満たない。

 それでもここ10年で、10万もする音楽作成ソフトふたつ、5万円のソフトをふたつ買っている。費用対効果があまりに悪すぎる投資となっている。

 

ビデオ編集を極め、ビデオ作品を世に送り出す。

 1998年に初めてデジタルビデオをパソコンに取り込んでノンリニア編集ができる環境を整えた。取り込むためのボードや、高速に回転するビデオ用のHDD、premiereなどで20万ほどの投資。これも2年のローン。

 かなりビデオ編集の腕を上げたが、今やiPhoneで簡単に動画編集ができた上、Youtubeにアップロードまでできるに及び、討ち死に。

 現在は,お手軽Vlogつくりにはまっている。

著作による知的生産

 本を書きたいという夢は持っているが,KDP2冊どまり。

 紙の本の出版など,まだ遠い未来の話。

 


 

 でも,これら全て、井戸として掘り始めた頃は,「ようやく見つけた,自分の人生をかけて取り組む大きな井戸だ」なと思っていたのです。しかしある程度送り進んだところで岩盤にぶつかり、それ以上触れなくなってしまったものばかりです。その岩盤は、若い頃からコツコツと身に付けてきた基本的な体力でないと掘り進めることができないのです。私が自分の力で掘り進めることができるのは、素人の域のところまででした。

 現在,私の人生上の至高の井戸と言うものはまだ自分の中では見つけることができていません。

 人生の「20冊並行読書」は、これからもまだまだ続いていくのです。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-08 知的生活の迷走, また何か始めた
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.