マインドマップ

あなたの背中を押すマインドマップ 「そんな時間はない」という方へ

更新日:

これまでの背中を押すシリーズで、白黒でも良い、センターイメージも簡単で良いということを述べてきました。

少しはハードルが低くなりましたか?
それでも、マップを描くような時間がないと言われる方もおられるでしょう。

今日は、そのハードルをぐっと下げていただきたいと思います。

1.全部描かなくていい

マインドマップの立派な例ばかり見せられていると、とてもあんなものを描く時間がないという気になってきますよね。

フルマップなど一体何時間かけたのですか?というようなものを見せられると、あ!無理!と思ってしまいます。

そこで,結論は「一部分でもいい」です。

全部描いてしまう必要はないんです。
ブランチ1つだけ、空白だらけでも構いません。
「今はここまで」でいいんです。

後からマップを見返したとき、新たな気づきが生まれてそこに描き足すことがあります。そうやって、じっくりと育てていくつもりで良いのです。

書いている最中に新たな課題が見つかり、空をマップにしたくなったら、今描いているものはそのままにして、別のページに描き始めます。
私のマップ手帳には、そうした一部分のマップがゴロゴロしています。

それは、決して残骸ではありません。
未来の自分に残した宝の箱です。

時間がたってみると思いもかけないことと結びついてアイデアが生まれることがあるのです。

2.綺麗に描かなくても良い

綺麗に描けばより効果的ですが、綺麗に描くことを第一に考えてしまうと、どうしても後ずさりしてしまいます。今は忙しいので、とてもマップを描くときではない、と。

描きなぐりでも構わないと思いましょう。
描くことの方が大事です。
描くとなにがしかのものは残るのです。
むしろ、描き殴ったくらいの方がその時の勢いというものが現れます。
後から見返した時、よく思い出すことができるはずです。

3.さっとかける環境を作っておく

思いついた時にさっとかける準備を私は3つしています。

モレスキンの持ち歩き手帳

堅牢で小さいので、歩いている途中で立ち止まって描くことも多いです。

また,マインドマップでは,紙を横長にするというルールがあります。

モレスキンの場合,堅牢なので,横置き縦開きして書きやすいということも,持ち歩き手帳としておすすめのポイントです。

A4の紙の束の準備

2つ目は、職場の机上に4の紙を何十枚か束にして載せてあることです。

大した厚さではないので、普段はその上にものを乗せて仕事をしたりノートを書いたりしています。

マップを描きたくなったらさっとその紙に書き始めるのです。

マインドマップアプリ

3つ目は、マインドマップアプリです。

公認の iMindMap がおすすめです。

これは1年間のサプスクリプションを行えばクラウドが使えますので、デスクトップアプリも、iOSデバイスも、全てが同期します。

私の場合は即マインドマップというよりはリラックスノートになる方が多いのですが。

 

以上のように、「しなくてもよい」というマインドと、ものの準備をしておくこととで、細切れ時間しか取れなくてもマップを描き始めることができます。

いかがでしょうか?
マップを描く背中を押して差し上げられたでしょうか?
それではまた。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-マインドマップ
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.