02 アプリたち 03 生産する

Ulyssesを1年使ってきたので、私の使い方をまとめてみる

投稿日:

Ulyssesを使うようになって一年経ちました。

Ulyssesは,ものを書くということに特化したライティングアプリです。
当初、三ヶ月ほど私の執筆システムの中のどこにも居場所を持つことができなかったUlyssesですが、今では大活躍しています。

彼はいったいどこに居場所を見つけたのでしょうか。

フリーライティングの場として

Ulyssesが一番に見つけた居場所はフリーライティングでした。
なにも考えずにペンの、いや指先から紡ぎ出すに任せて打ち続けるフリーライティングでは、Ulyssesがとても優秀でした。
文を入力すること以外の機能は全て見えなくしておくことができるからです、
いろんなアプリでフリーライティングを試してきましたが、Ulyssesが一番にしっくりきました。

iPad Proでの執筆において

何らかの執筆をiPad Proで行う場合はUlysses一択です。

iPad ProとSmart Keyboardで,がしがし書いていくためにはできるだけシンプルな環境が望ましいため、Ulyssesが適しているのです。
iCloudで自動的に iOSデバイスと同期するので、あとからの編集,他アプリでの利用もしやすいです。

研修等でiPad Proを使えるときにはOmni Outliner を使います。たたんだり並べ替えたりが楽なので。

ブログやメルマガの記事を一から描くとき

浮かんだアイデアは、MemoFlowy一択で書き込んでいます。
あとからPCでゆっくり開いて、書き足したり、校正したりして記事を作ります。

しかし、「さて、今から記事を書こう」と思いゼロから始める場合はUlyssesを使います。
気持ちよく一気に書き上げられます。

僕の場合はそのままアップロードすることは少なく、帰宅してからをWorkflowyに移し再度構成などを見直してから投稿します。

また,UlyssesからテキストでPressSyncなどのWordpressにアップロードできるアプリから,下書き保存しておき,帰宅して編集,投稿というパターンもよくとります。

書くこと自体を楽しみたいと言ったときは迷わずUlyssesを立ち上げています。
これで本を書いている方もおられますが、私はまだとてもその域には達していません。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, 03 生産する
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.