01 知的生活へのあこがれ

「生活を編集する」ことが,充実できる答えだ

更新日:

時間をよいもので満たす喜び

私は、以前、病気のために全く気力がなくなってしまって、仕事以外読書も勉強もブログも、そんな知的な活動が何もできなくなってしまったことがありました。

その僕を救ってくれたのが、タスクシュートアプリ「たすくま」でした。

たすくまを使って生活のログ取りを始めると,放っておくと虚無で満たされてしまいそうだった大きな「時間」という空間を,なにか価値あるよいもので満たしたいと思うようになったんです。

たすくまでのログ取りが、私を「元の私」にもどしてくれる

Post Views: 681 たすくまでのログ取りは、大きな空間を積み木で埋めて充填していくようなものです。時間という大きなすきまに,「ウォーキング」「食事」「ブログ」「新聞」などのタスクという積み ...

続きを見る

「たすくまでのログ取りが、私を「元の私」にもどしてくれる」

ここに次のように書いています。

「たすくまでログを取ろうとする気力がほんの少し戻ってきてからは、私の生活がぐんぐん元に戻っていくのを感じたのです。

ログを取っていると、時間を良いもの、つまり価値ある行動で満たしたいという意欲がむくむく湧いてくるのです。

これがわたしを元に戻してくれつつあります。」

せっかくログをとるなら,時間をよいもので満たしたい。そういう気持ちがわいてくる。これが「ログをとる」ということの一つの価値だろうと思います。

ログ,計画,プラン,リスト

時間をよいもので満たす行為は,ログをとることばかりではありません。事前にリストを作ったり,計画を立てたりするということもそれにあたります。

 

私も,2006年ごろ書いていたブログには,「スケジュールデザイン」という言葉をつかって,デイリープランを立てていました。

また,私の毎朝の「朝活」では,1日のクローズリストをたすくまの上でつくることが重要なタスクとなっています。

 

そして,こういう活動は実にわくわくするものです。

それはどうしてでしょう。

生活の編集

外山滋比古さんの「知的生活習慣」という本があります。

その中に「生活を編集する」という一文があります。

「ぼんやり,なんとなくすごす一日は,編集のない同人誌のようなものではないか。

そういう生活が面白かったり,世のためになったりするはずがない。われわれは,すべからく,生活を編集すべきである。

(中略)一日の生活編集である。

(中略)生活のエディターとして,整理を加えれば,人生は充実したものになる。そいういうのが,生活の編集である。」

私たちが,スケジュールをデザインしたり,たすくまでクローズリストをつくっている行為は,まさに「生活の編集」です。

だから,わくわくするのであり,充実するんですね。

編集は,自分ごとである

編集というのはわくわくするものです。

僕はよくブログで「知の編集」」という言葉を使っています。

アクティブな本棚の作り方

Post Views: 251 知的生活を希求する者にとって、本棚は単なる書庫ではありません。 それは日々大事に育てられ、使われるアクティブなものであるはずです。 辞書や参考書は頻繁に取り出されるので ...

続きを見る

「アクティブな本棚のつくりかた」では,次のように書きました。

「このように、買って来た本をただ並べるのではなくて、様々な用途で並べ替え続けるアクティブな行動が知的生活そのものであると言えます。

アクティブに本棚を使うことは自分の知の編集であるからです。」

これもまた,編集です。

編集は,主体的です。自由です。自分ごとです。

私が主導権をもっています。

出来上がったものであっても,それを料理してさらにおいしくするのは私自身です。

 

万人に平等に与えられた1日という時間を「編集」することにわくわくし,充実感を感じるのは,きっとそういう意味があるのでしょう。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-01 知的生活へのあこがれ
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.