「かーそる」を読み始める

発売4日目ほどしてようやく購入。読み始めた。


かーそる 2016年11月号

かーそるとは、倉下忠憲さんが編集長を務める、知的生産に関する雑誌。

「なかったから作った」雑誌だ。

執筆陣も、普段から並々ならぬ文章力を示しておられる方々が顔を連ね、倉下さんの示す知的生産論をそれぞれの知見から縦横無尽に展開させていく。

そういう雑誌。

文を読むという楽しみにどっぷりと浸らせていただこうと思う。

書棚から、また「知的生産の技術」を取り出して来て再読しようかなと思った。

 

ところで、倉下編集長の知的生産論を読んでいて、知的生産の「知的」と、知的生活の「知的」とは違うな、と感じた。

知的生活を標榜するブログを書いている身としては、一度考えて見る必要がある。

「大好き!ヨーコ先生」の挿絵、なんとか間に合う

毎週、水、木、金の3日かけて描いている教育ちゃんねる連載の記事と挿絵。

今週は健康を損ねていたため、投稿期限の今日1日で描かなければならなかった。

幸い午前中は空いていたので、カフェがで記事を書き上げて、家に戻ってから挿絵に取り掛かった。

たすくまで測ったら、2時間37分40秒とのことだった。ちゃんと描いたらこのくらいはかかるのだということ。

そのあと、何とか投稿し終え、今週も記事の投稿を落とさずに済んだ。

大好き!ヨーコ先生 第6回 給食を完食できるクラスに : Lyustyleの教育ちゃんねる
kyusyoku7

メイキングはこちらで。

大好き!ヨーコ先生 第6回挿絵から | Lyustyleの挿絵チャンネル

明日は、アシタノレシピの記事を完成させ、そちらの挿絵を描く。

投稿には火曜だから何とか間に合う予定、

飲み会

夜は飲み会。挿絵と記事を完成させてから午後は少し休んだのだが、それでもまた体調が悪化。

幹事さんに連絡して少し遅れてから参加。

体調の悪さを押してでも参加したい人々がいるということは素敵なこと。

参加してみると,いつの間にか具合の悪いのがどこかに消え失せてしまっていた。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly