いよいよiPhone7plusがやって来ました。

2.3週間待ちでしたが、ちょうど3週間で私の元にやって来ました。

ジェットブラックとか、ゴールド、ローズゴールド、ブラックなどの人気が高いから、シルバーが1番手に入りやすいんじゃないかなと思っての予約でしたが、そうでもありませんでした。

むしろブラックなどは人気があるからとのことで生産も多いとのこと。結局同じくらいは待たなければならなかったようです。

でも、予約開始から2時間の遅れで予約して,3週間も待たされるというのは一体なんでしょうね。

2日間使ってみて感じたこと

1番感じるのは、何か新しいガジェットを手に入れたというワクワク感が皆無なこと。

それは外観も普段使いの中ででも感じます。

6plusにした時はそのワクワク感はすごかった。

6plusの時のわくわくポイント~外観

明らかにそれまでと外観が違うわけです。それまでのiPhoneでは見たこともなかった大きさです。賛否両論渦巻きましたが、画面が大きくて見やすくなったという私にとっての事実は、iPhoneを手に取るたびに私をワクワクさせてくれました。

6plusの時のわくわくポイント~電池の持ち

また、4sからの変更組としては、電池の持ちが飛躍的に長くなったへの嬉しさもありました。今でこそApple Watchとつなげているため一日なんとか持ちますという程度にまでは下がっていますが、最初の頃は1日使っても余裕。充電を忘れて2日目まで使いましたが、それでも支障はなかったくらい持ちました。4sでは、夕方まで持たなかったのです。これはうれしかったですね。6plusにして良かったー!と思える大きなポイントでした。

6plusの時のわくわくポイント~Retina

また,4sからの変更組としては、画面がRetina になったこともあります。あまりの画面の精細さに酔ってました。これも嬉しかったですね。

*

さて、6plusではこれだけのワクワクポイントがあったのですが…。

7plusでは今の所それがありません。

見た目が全く同じなのは仕方ないとして、電池の持ちについては少しは良くなったのでしょうがさほど感じません。朝起きて、ストレッチを終えたらもう96%になっていたのには首を傾げました。これは何か特別に電池を使う何かがあったのだろうと持っています。引き続き見ていきたいと思います。

今回すごく期待していたApple PayはVISAに対応していないとのことで、わかっていたこととはいえ、今の私の環境では全く使いどころがありません。

耐水は素晴らしい。まだ試していませんが、これには期待しています。きっと生活を変えてくれるポテンシャルを秘めています。何と言ってもジップロックなしで風呂の中でKindleを使って本を読んだりYouTubeを見たりすることができるのですから。でも、普段使いではそのすばらしさを感じることはできないんですけれども。

7plusにしてよかったという感覚はどこで得られるだろうか

見た目、外見など、普段使いでのワクワク感が今一つない状況ですが、実際にはすばらしいわくわくポイントはいくつかあるわけです。

それを感じられるのはどんな時でしょうか。

風呂でKindleを使って本を読めた時

実はまだ怖くて実験できてないんです。

「防水です!」って謳ってあったら「よし!いくぞ!」って水場にもっていくんですが,何度もいわれているように「耐水」でしょ。

風呂の底に30分沈めても大丈夫だよ,っていわれても,私たちの感覚では,「それなら防水っていってくれよ。私たちの防水ってのはそれくらいの感覚だよ」と思うのです。

「耐水」と言われるだけで,水滴がつくのでさえびびるのですよ。

おしいです。私みたいなおじさんには勇気が出ません。

…が、いつかこれが普通にできるようになったある日、ふっと気づいてこう思うのです。

「あぁ、これって6の時にはできなかったんだよな。7plusにしてよかったな。」

これは結構大きいと思うんです。生活を変えてくれるんですから。これまではいちいちジップロックにいれてからおそるおそる持って入っていたのですから。

今晩当たりためそうかな…・

カメラで光学2倍ズームがあってよかったと思った時

iPhoneのカメラはもともと,f値1.8という非常に明るい約30mm単焦点レンズを搭載したよいカメラです。

約30mmの単焦点カメラだと思って使えば、他のコンデジを凌駕するほどよい写真が撮れます。

ところが今回はデュアルレンズが搭載されたので、約50mmの単焦点レンズがもう一個ついて来たようなものです。

一眼カメラみたいにレンズを取り替えて使うことが可能になったのです。それをワンボタンで切り替えられる。

これは結構な特筆ポイントでして、「あ、画角が2つあるのはいいなぁ」と思うことができるわけです。

カメラを使う機会はこの二日間なかったのですが、おそらくこのポイント1つで7plusにしてよかったと思うことができるはずだと期待しています。

Apple PayでVISAが使えるようになった時

おサイフケータイ的使い方はこれまでのiPhoneでは絶対にできなかったことですから、それは大きなポイントですよ。

イノベーションを起こしてくれるはずです。

でも、私が「iPhone7plusにしてよかったー。だってカードを持ち歩かなくてよくなったんだもん」と思えるのは、まだ随分先のようです。

本当はニモカが使えるようになって欲しいんですけどね。バスで一番使ってるので。

Apple Pencilが使えるようになった時

なんでApple Pencil使えるようにしなかったんでしょう。

Apple Pencilが使えることはきっと、7や7plusにしてよかったと1番思うポイントになったはずです。

また,今回どうしようかな,やめとこうと思った人たちにもさらにどうしようか迷わせた挙句「買おう!」と思わせたはずです。惜しいことです。

機能としては可能なんじゃないでしょうか。そのうち、ファームウェアアップデートで使えるようにならないかな。

まとめ

以上、「こうだったら7plusにしてよかったと思えるにちがいない」というポイントを連ねて見ました。

*

耐水も,Apple PayもApple Pencilも,それだけで「新しいガジェット!」と思えるはずのポイントなのに,突き抜けてない。

どこか中途半端です。

「なんでこんなに中途半端なの。耐水じゃなくて防水にしちゃえ」とか,「VISA使えないならやめる」といわれてもしかたないなと思います。

ApplePencilなんとかしてくれ!

*

皆さんはいかがでしょうか。「7、7plusにして、もう本当に良かった!」と思われていることを願っています。私も早くそう思いたいです。

2016-10-01-09-16-17

あった!これ。iPhone7Plusで撮ったやつだ。 1200万画素になってるはず。 だから特にどうだということはないですっけどね。6の時からよい写真が撮れてましたから。

 

 

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly