いよいよiPhone7 iPhone7plusの予約が始まりました。

予約開始16時1分なんて,ビジネスマンは9月16日にゲットするなといわんばかりの時間設定ですよね。

私も御多分にもれず,サイトで予約ボタンを探し始められたのは勤務終了後18時になってから。

おかげさまで,2,3週間まちです。

ジェットブラックじゃないのに。シルバーなのに2,3週間まちです。16時に仕事してなくていい人,どれだけいるんでしょうか。

私はシルバー Plusの256で,予約しました。

◇ ◇ ◇

さて,本題に入ります。ApplePencilのiPhoneへの対応についてです。

ネットを見ると,この件についてはあまりみなさん関心がないのか,9月10日の時点では言及されているブログがあまりありません。

発表前の噂ではかなりいろいろと記事があるんですけど。希望的な記事が。

でも発表後には,記事が見当たらない。1件だけ見つけましたけど。

iPhone7がApple Pencilに対応する、そんな風に思っていた時期が俺にもありました – スマホとデジ生活

今回の発表で,AppleのサイトでApplePencil対応という文字を,ほかの何よりも一生懸命に探したのは私や上の記事の方だけでしょうか?

いやいや,そんなはずはない。だって事前にあれだけいろいろと希望的観測がなされていたのですから対応への関心は高いはず。

では,なぜあまり記事がないのか?

思うに,

対応と書かれていなかったことにがっかりしたあまりにブログの記事にできないほどショックを受けているからなのか,

対応と書かれていないが,対応してないとも書かれていないから一抹の不安を感じつつも希望をつないでいる状況なので不安を口にしたくないからなのか

・・・

など,心のひだにまで迫る憶測をしている次第です。

僕はどちらかというと,サイトに対応したという記事がないことで,あっさりとあきらめました。

iPhoneでApplePencilを使ってお絵かきのラフや,Goodnotesの手書きメモをかくことができたらなんて素敵なんだと思ってたけど,ないならしょうがないや,で折り合いをつけられました。

ApplePencil,長いし。

Pencilだけ持ち運ぶのも難しいだろうし。

ApllePencilの持ち運びには,現在缶ペンケースに入れたままiPad prpにペタッと貼り付けて持ち歩くというスタイルです。SmartKeyboardには,強力な磁石があるのでかなり強力にくっつけられるんです。ケースに入れた状態なので無くしにくいし,落とさないし。ですから今のところこれが一番安全で落としたり忘れたり無くしたりしない持ち運び方法です。

これがiPhoneになってくると,缶ペンケースを別にもちあるかなきゃならない。

iPad Proにくっつけていると荷物は一個ですむのがいいのですが,別に持ち運ぶとなると,なくす,置き忘れてくるといったリスクが一気に増えますし。

だから,iPhoneへの対応,ないならないでもいいや,という私の心の中の折り合いです。

でも,対応していてくれるんならうれしい。

ペンケースを別に持ち歩いてでもiPhoneにApplePencilで手紙メモやイラストを描くでしょう。

まあ,9月16日になればわかることですね。

みなさんは,どう思われますか?

 

【追記 2016.10.1】

iPhone7plusが届いたのでさっそくBluetoothの設定からApple Pencil がないかどうか確かめましたが,やはりだめでした。

iPone7Plusでは,Apple Pencil は使えません。

残念ですね。

これに関してはどうぞこちらの記事もお読みください。

iPhone7plusにしてよかった」と納得するで「あろう」4ポイントをご紹介 | 知的生活ネットワーク

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly