8月の最初から進めている電子書籍。

追加せねばならない文章の量はかなりあったが、Scrivener for IOSのおかげで公共交通機関に載っている間や待ち時間、会議の始まりを待っている時間などを活用してどんどん進めることができた。

9月には、挿入写真の準備とイメージタグの挿入が主な仕事になるが、手描きの挿絵もかなり入れたい。というか必要だ。こうして、可処分時間の大半は電子書籍関連に使っている状況だ。

加えて、この2週間ほどのカメラ熱にともなうお散歩撮影と写真の整理、lyustyleの写真ちゃんねるへの投稿、お散歩写真youtube動画の作成にも夢中になっており、現在は可処分時間を電子書籍と写真関連の活動で奪い合っている格好だ。

Lyustyleの写真ちゃんねる: D750で撮った街撮写真りをinstagramに投稿

そのような状況であるから、読書量が確実に減っている。

読書に夢中になる時間を食ってまで、電子書籍とカメラ関連活動に熱中していると言うことだ。読書に一番使っていたバスや電車の中でさえ、Scrivener for IOSで原稿を書いているくらいだ。

でも、それでよい。

ぼくの場合は、こうやって活動にかける時間に波がある。繰り返しやってくるさまざまなフェイズがある。

可処分時間の全てを読書に捧げるフェイズもあるし、3Dモデリングやイラスト描きに時間をかけるフェイズもある。作曲三昧になるフェイズもある。

それがLyustyleなのだ。

今は電子書籍と写真に夢中になっているフェイズであるにすぎない。

読書量は下がっているが、あまり自分の中で騒がないように使用と思う。

・・・ということをわざわざ書いているところが、ほんの少しざわついている証拠。「読書してないよな~」などど,これでいいのかとほんの少し思ってしまうのである。

kita

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly