今日は夏休がとれたのだが、いつもと同じ時刻に起き、朝活をしてから出勤(ファミリーレストラン)へ。

ためている電子書籍の執筆を少しでも進めようと。

週末と違って人が少ないので気持ちよくいさせてもらえる。

近頃、Windows版ばかりで使っていたScrivener。MacではまだScrivener for IOSに対応した版にアップデートしてなかった思っていたら、いつの間にかアップデートされていた。自分はした覚えがないのだが・・・。したのかな。

さて、本当に久しぶりにMac版のScrivenerを使ってみて驚いた。画面が実にきれいだ。この違いはなんなのか。フォントの美しさだけだろうか。安心して使える感じがする。

また、今書いているものを仮にコンパイルしてみて驚いた。全く完全に私が指定したとおりに動作する。そんなことは当たり前だが、Windows版ではなかなか思ったようにいかなかったのだ。Windows版では、できたEpubファイルを開くビューワーによって、同じファイルを開いても、書きだしたはずの章や節が,表紙裏の見出しとして表示されない。これにははまりこんでいろいろ調節した。でんでんコンバーターでやれば、それなりに読めるEpubはできるのだが、Scrivener for Windowsから出されるものはろくに見ることができない。

でんでんコンバーターでやればいい、という話だが、うーん。せっかくのScrivener。やはりここから出したいところだ。画像の挿入もそう難しくなくEpubに入れてくれるし。だから、いざとなったらでんでんコンバーターで、と思いながらも、なんとかコンパイルを極めようと思って悪戦苦闘していのだ。

ところが、Mac版で作ったEpubは、同じ設定でもそのとおりにきれいにコンパイルされた。ビューワーがiBooksだからなのだろうか。それともMac版で作られるEpubの方がうまく書き出せているからだろうか。WindowsのEpubビューワーからうまく開ければ、Mac版のScrivenerの方がEpubコンパイルに関しては優秀ということになる。

DropBoxに保存したので、帰ってから開いてみた。

やはりiBooksではきちんと表示された見出しが,同じファイルであるにもかかわらずWindowsでのビューワーでは表紙裏の見出しがろくに表示されない。Adove dejgital editions なんか,2バイト文字自体が表示されないのでつかいもにならず。つまり,Mac版のScrivenerが優秀だということではなく,Windows版のEpubビューワーに問題があるのだという結論になった。

今度は逆に,Windows版ScrivenerでEpubにコンパイルしたのをMac版iBooksで開いてみることにした。すると,MacのiBooksではきれいに表紙裏の見出しも出力できた。Win版のEpubビューワーではあんなに見られなかったのに。つまり,Windows版のScrivenerの書き出し方がよくないというわけではないということがわかった。

うーん。困った。

dokusyo

ここまでの結論

Windows版でもMac版でも,どちらでコンパイルしてもiBooksならきちんと読める。Windows版のEpubビューワーではろくに読めない。

Scrivener側の問題ではなく,ビューワー側の問題のようだ。

Scrivener for MacがWindows版よりいいなと思ったことがある。それは、コンパイル画面での設定だ。

フォーマットタブの中で,どの項目をいじるのかフォルダやファイルのレベルごとのアイコンが表示されて,それらについてフォーマッティングするのだが、Mac版では例えばフォルダのレベル2を指定すると、左のバインダーでそれがハイライト表示されるのだ。そういえば、確かにそうだったなーと思いだした。自分がどのレベルのコンテンツのフォーマットをいじろうとしているのか人目でわかる。Macの人にとってはは当たり前だろうが、Windows版ではこれができない。(できる?知っている方がおられたら教えてください)ハイライトなど何も表示されないので、想像力をたくましくしながら、設定しないといけないのだ。ファイルのレベル2は節だから、そこまでは目次にタイトル表示をしたいな、とか。

・・・となると、しばらくはMacでの作業になるなと思った。Windows版でやるほうが、僕にとっては便利なんだけど。

まとめ

  • 現時点では,Scrivenerの書き出すEpubは,iBooksでしかまともに読めない。これは,ScrivenerのWin版,Mac版のどちらでコンパイルしても同じ。
  • Windows版Scrivenerでは,コンパイルメニューのフォーマットタブで,指定のフォルダやファイルのアイコンをクリックしても,バインダーでその階層をハイライトして明示してくれない。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly