うー。ためていた息がようやく吐き出せたかのような久々の記事です。

お久しぶりです。Lyustyleです。

今日,ようやくブログの記事を書こうという力が湧いてきました。

実は,前回の記事を書いた3月13日あたりから体調がすぐれなくなり,年度末の激しい時期は,仕事はなんとか乗り越えたものの,帰宅してからはぐったり。知的生活の「ち」の字を実行する気力もありませんでした。

 

花粉症とそれにつづく喘息。

毎年この時期にはこれに苦しめられるのですが,ことしはことのほかしつこく,症状がつらかった。

咳が続き,息が苦しい。のどがひりひりする。

夜中にせき込んで目を覚ましてからは,ぜえぜえが続いて息ができず,睡眠不足で朝を迎える。

こんな状況では,本を読もうという気にもなりません。気力ががたおちになってしまって,はやばやと布団に入るという日が続きました。

まだ,その状況はつづいているのですが,今日はどうしてもほかのブログに記事を一本書かなければならなかったので,本当に「気力を振り絞って」なんとか書き上げました。

その勢いで,こちらの更新を久々にしようという気力がほんの少しだけ出たのです。

 

健康は知的生活の要ですね。

どんなに忙しく,時間がなくても,それなりに知的な生活はできます。

私がやってきたチリツモ読書もそうですし,帰宅後立読もそう。

ほんの少しの隙間時間を利用して,ゆうゆうと本を読むことができます。

でも,健康を害したらまったくだめです。気力自体ががっくりと減ってしまうからです。

健康を害してからは,食後の10分間の知的鍛錬読書「うひやまぶみ」も読んでいません。あれだけどんなに忙しくても継続していることが,体がわるくなるというそれだけですっ飛んでしまうのです。

なんてもったいない一か月間だったことでしょう。

 

今日は,なんとか気力でやってますが,まだ体調が万全にもどったわけではなく,少しの隙間時間を見つけては本を読もう!という気力がもどってくるのはもう少し先になりそうです。

きっと「少し休め」と言われているのだろうと思います。

 

それで,ちょっと休んでいるところです。

P1000683

少しは休め おれにまかせとけ

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly