単機能文具で身の回りを囲もう

一昨日、Kindleで「モノが少ないと快適に働ける」を買って、昨日1日で読んでしまいました。

取り入れられることもあれば自分の職場ではそぐわないということもあったわけですが、その中で慧眼と思う箇所がありました。それは使う文具は単機能にするということです。

単機能の文具を手にすると、脳が多機能になるのを感じる

これは面白い考えです。使い方から解放されるから、その分脳は考え、仕事をすることに集中できるのです。面白い!

アイデアを出すためのノートとペン、スケジュールを書くときのペン入れなど、それぞれに決まったモノがあって、それ以外には使わない。

単機能にすることによって、余計なことを考えなくて済むので、今やろうとしていることに集中できる。

例えば、これひとつであれも出来るこれもできるというようなモノは、それをどのように使おうかと思うことで集中が途切れてしまうのです。

なるほどなあと思います。

僕などはむしろそういうモノの方が、いざ使うときにあれこれ探さなくても良く、それひとつあれば用が足りるという方が頭を使わずに済むたちだがら、そんなこと考えたこともありませんでした。

しかし、さあ、モノを考えようと思ってそのノートとペンを持った途端、考えるモードに素早く入ることができる、すなわち、それらの単機能道具がモードオンのスイッチになっているというくだりには感心させられました。

何か考えようと思って、何にでも使える多機能ペンを持ったとして、そこから先、すぐに考えるモードに入れるのかどうか考えてみました。

私の場合、そのペン一本で絵も描き、ほぼ日に記録もし、アイデアメモも書くというようなペンをよく使いますが、「ちょっと線が細いな。ほぼ日に書き込みをするのにはちょうどいいんだけどな」なんでいう思いがわたしにはいろんな場で浮かんでくるのです。確かに。

スケッチをするのには適した少し太めで柔らかいペンを、その日は持ち歩いている。それを取り出して思いついたタスクを薄いメモ帳に記入しようとしたら太くて書きづらく「ウー」ということになってしまったこともあります。そうこうしているうちに書くことを忘れかけて慌てて思い出そうとしなければなりませんでした。全く集中どころの話ではありません。

そうすると、薄いメモ帳についていた細いペンを、わたしは無くさずにちゃんとホールドしておかなければならなかったのです。(早々になくした)わたしはペンなんてなんでもいいや、と思っていて、薄いメモ帳専用のペンの存在理由にあまりおおきな価値を見出そうとはしなかったのです。

でも、集中という視点から考えると、そのペンならではの大事さが際立ってきます。薄いメモ帳にはそのペンがいつもホールドされていなければならなかったのです。

  • 書けるのならなんでもいい→そこにあるモノを使って書ける。探さなくてもいい。でも用途に合わないこともある。
  • 薄いメモ帳に書くならこのペン(単機能)→用途が決まっていて最適にチューニングされているので、集中できる。でも、僕みたいな人間は必ず別々に置いちゃって、いざ使うときには探し廻らなければならない。

いたしかゆし。

だから、定場所という意識は大事なのですね。

わたしにその意識改革はできるでしょうか?

挑戦してみました。

Loftで単機能をテーマに文具を選んできた

Rollbahnのスケッチブック

アイデア出し用のノートとして、8月に無地のA5のノートを使い出しました。このノートに多くのMindmapを描いてアイデア出しをしてきました。

使っているうちに、どうも使い心地が悪くなってきました。無地であるのはMindmapを描くにはとてもいいのですが、描くのはMindmapだけではありません。Mindmapの様式をはずれたかってきままな描き方もします。その場合、無地では手がかりがつかめず描きはじめにくいということがあった。だから、ドットや方眼を探していたところでした。

今回硬い表紙で薄い方眼のスケッチブック様のRollbahnのノートを見つけました。

このノートは自宅での置きノートにし、アイデアノートという機能のみに使うことにします。このノートを開いた途端、頭がアイデア出しモードになるように使い込んでいこうと思います。

 

ほぼ日手帳用のサブメモ。

今年はぽぽ日を持ち歩きにしていますが、かといって何か思いついたときにすぐにその場でほぼ日を開いて、というわけにはいきません。食事のためにテーブルについた時とか、ベンチに座って休憩できるときなどはまだしも、どこでもここでも開けるほどほぼ日は小さくもなければ薄くもありません。

そこで立ったまますぐにズボンから取り出してかける小さめの薄いメモ帳をサブとして買うことにしました。

大きさも薄さもちょうどよいメモ帳です。

また、それとペアで使うためのボールペンも買いました。これは常にペアとしておいておき、すぐにセットで持ち歩くようにしておきます。このペンは他の用途には使いません。このメモ帳専用のポールペンとして使います。メモもほぼ日のサブとしての単機能だし、ペンもそのメモ用としての単機能です。

ほぼ日専用のペンとして、ジェットストリームの0.3。

これもその用途以外には使いません。

いちいち探すことをしなくてよいようにし、さっとほぼ日記入モードに入れるように。

 

単機能にすることで、脳が多機能になる。

すごく共感できるので実践してみたいと思っています。

今日の読書から

「限定された目的は人生を簡潔にする」沙羅

「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」を買ってきて読み始めた。とたんにこの文章に出会った。

今、まさに人生を完結にするために、身の回りのものを限定された目的、すなわち単機能化したもので囲もうと思っていた矢先のこと。

こういったシンクロ具合が人生おもしろい。

一日一新

31 朝活をした

変な話だが、家で朝活。

これまでは週末は必ず外に出てノマドで仕事をしていた。

昨日、何を思ったが、今日は朝活をしてから外に出ようと思った。

やってみると気持ちいい。ある程度のことを終わらせて出るので、あまり後ろ髪を引っ張られるような思いをすることもない。

早朝から2時間ほど仕事をしてから外にウォーキングなりカフェなりに行くということにチェンジしようと思った。

32 はじめて食堂で中華丼を注文

中華の濃い味をご飯の味がうまく抑えてくれて、とても良い食べ心地。

わたしは、中華料理店ではほぼ麺類しかたべないので、丼物など注文の選択肢として考えたこともなかった。

でも今日の一日一新のためにあえて普段注文したこともないものを選んだ。大正解だった。

2016-01-10 14.07.28

一日一新をやっていなかったら、私は中華丼に出会うことはまずなかったと思う。

世の中にある自分の知ろうとしてこなかった様々な事象にアクセスする動機を生み出すという点で、この一日一新というコンセプトは偉大なものだと思う。

中華丼でこれほどおおさわぎするのもなんだと思うが。

一日一新についてはこちらを参照。

初日は「あかすり」!1日1つは新しいことを体験する「1日1新」 | EX-IT

考案された方に感謝。

新古今和歌集

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの弱りもぞずる

式子内親王

このように百人一首に入っている歌が目に入ってくると、心が震える。

「命」を「玉の緒」と言う古の人の言葉への感覚の鋭敏さ。

たすくま再挑戦

平日はかなり慣れてきているが、週末は集に2回しかないのでまだなれていない。

それよりも、午後必ず眠くなるのだが、これをいったいどうしたらいいのか。週末の午後の睡魔に打ち勝つのは難しい。

 

 

 

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly