履歴にためたメモを一気にはりつけられるようになった

MemoFlowyが先週待ちに待ったバージョンアップをしました。

URLスキームが使えるようになったり,メモ入力の自動保存ができるようになったり,テンプレートや登録語句が同期できるようになったり,表示設定が強化されたり,ペーストボードの履歴の複数選択が可能になったり,とてもうれしいバージョンアップでした。

詳しくは下記の記事を・・・。

MemoFlowyバージョンアップのお知らせ(ver.1.1)

これらのなかで私が一番うれしかったのは,ペーストボードの履歴の複数選択機能です。

MemoFlowyでは,Workflowy[ボタンの長押しによって履歴にどんどんメモを貯めていくことは以前からできていました。

しかし,Workflowy画面に移った後,それを一気にはりつけることはできませんでした。

履歴にあるメモを一つ一つ選んで貼り付けるしかなかったのです。

ところが,今回のバージョンアップにより、一気に貼り付けられるようになりました。

履歴ボタンを押し,履歴にためたそれぞれのメモを長押しにするとチェックマークが入り選択されます。

 

「完了」を押すと,それらがひとまとまりでペーストボードにコピーされます。そうして,Workflowy画面に戻ってペーストすると一気に貼り付けることができるのです。

以前,そんな風に一気にはりつけられたらいいなあ,とTweetしていたものを作者様が反映してくださいました。とてもありがたいです。

さっそく使わせてもらっています。

今日の読書から

モノが少ないと快適に仕事ができる 読了。


モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

すでにやっていることと、わたしの仕事ではこれはできないと言うことが混ざり合っていた。

しかし、自分で仕事をコントロールするという考え方は大事。いつも考えていたい。

そのためのミニマリズムだ。モノ、時間のミニマリズムについて今後も考え続けていきたい。

まずは、いくつもいらないものをどんどん捨てていこう。

ペンケースなど、私の机の上、本棚などいくつもあるので、ここからだ。またペンケースに入っているペンも必要最小限にへらしてどんどん捨てよう。

スキャンスナップをもう一度出したくなった。

一日一新

30 「モノが少ないと快適に働ける」 Kindle版購入

たすくま再挑戦

たすくまを使うことで自分への気づき力というものがずいぶん伸びていることを感じているが、それはMemoflowyを使うことによっても同じことが言えると思う。今の自分への気づきを切り取ってメモに残すことがかなりできているからだ

もちろんこのことはPosteverの時にも言えた。Memoflowyだけのことでは無い。

ただしでもMemoflowyのほうはメモを送ってから生産へつなげるフローがとても容易だという事は確かだ。だからこそさらに気づきを書きたくなるのだ。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly