iOSの操作で知らなかったこと二つ

 iOSでメモリの解放が一気にできる

意外と知らない!?「iOS」7つの便利機能 | ハーバービジネスオンライン

電源ボタン長押し後、ホームボタン長押し。

なるほど。確かに。

こんなの全く知らなかった。これから多用しよう。

重要な記事をPDFにして保存する

Safariにある機能。

表示しているサイトをPDF化して保存することができる。

PDF化したいページを開いて下の真ん中のボタンをタップするとメニューが表示されるので,「PDFをiBooksに保存」を選択。

これでPDF化。iBooksで表示できるようになる。

これはという記事は,PDF化して,Evernoteの監視フォルダに入れておくと,Evernoteで参照できるようになるので便利。

今日の読書から

一気に書き終えるようにする。この狂気のような集中とスピードが大事なのだ。そうしないと、中途で何度でも挫折感に見舞われて、論文はなかなか形をなさない。

知的トレーニングの技術116

これは,その通りだと思って読んだ。

まず一気に終わらせてしまわないと,いろいろくよくよ考えて先に進めなくなることが多い。

考え始めたらきりがない。脳に抑制をかけている状態だからだ。

クリエイティブなことはなべてそのようであると思う。

私が大学の卒業論文を書いた時もそうだった。400字詰め原稿用紙(当時はワープロはなかった)80枚程度の論文なのだが,3日かからずに一気に仕上げてしまった。

資料も十分吟味し,アイデアノートもしっかりつくった。機は熟した!と思って書き始めた途端,これまでの1年間の準備がほんの2,3日で実を結んだのだった。

一日一新

24 今日のtoodledo整理を始めたこと
25 初めて魚市場で食堂でご飯を食べた

新古今和歌集

あるはなく  なきは数添ふ世の中に  あはれいづれの日まで 嘆かん

小野小町

小野小町といえばあでやかな歌を歌うイメージがあるのだが,人の無常にはかなさを感じている間に,はっと気づいたら自分も目の前になくなっていく時が近づいてくるという感傷の歌

そういえば,百人一首の

「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」

も衰えを歌った歌。若いときは私だって・・という歌なんだろうな。

たすくま再挑戦


タスクの管理について

1日1箱仕事術を読んでから,なんとか1日の仕事を詰め込んだ箱に蓋をして新しい仕事を増やさない,明日以降の箱につめこみなさい,ということを実践している。

今日はタスクリストを空にすることができていい気持ち。

しかし大量に付け加えて見えないようにしているタスクがいったいどのぐらい隠れているのかを考えると不気味である。それを確認するために明日のプレビューの中でToodledoのタスクの確認というタスクを入れているがそれは必須。

ただし、今の帰ってからのスケジュールでは、明日のプレビューを十分に行う時間がない。どれかを削らないといけない。

ラクガキ

kamisan

このブログで何度も登場している私のおカミサマを描いていたら美化しすぎた。

こんなんじゃない。でもこんななのかもしれない。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly