Evernoteをめくり返していたら,10月13日のノートにこんなメモがあった。Posteverで放り込んだまま忘れていたものらしい。

KindleやKoboで本を読まなくなった。

– 実物をめくりながら読むほうが自分にあっている。
– 厚さから、あとどのくらい読めるのか、どのくらい読んだのかを、感覚で分かりながら本を読むほうが合っている。
– 読み終えた本を本棚に置いて、時々触るのが自分にあっている。
– 本に折り目をつけて、後から見返すことが自分にあっている。
– 半の重たさを感じることが自分にあっている。

そういえばそうだ。

dokusyo

一時期,何かにとりつかれたように電子書籍を買いまくり,iPhoneやAndroidのKindleアプリやKoboでよみまくっていた。

Androidは防水なので,よく風呂の中で分厚い「自助論」を何日もかけて読んだりもした。

PC版アプリではKoboがKindleにさきがけて書籍の内容を読むことができるようになった,ということもあり,Kobo用の電子書籍をたくさん買った。楽天ポイントが使えるからだ。

文芸春秋などの雑誌も買って読んでみた。

漫画もかったが,スマートフォンアプリやビューアーでは画面が小さすぎて快適とはいえなかった。(iPad miniではなんとか読めた)

一番読んだのは青空文庫。ここで寺田虎彦の著作をたくさんダウンロードして読んだ。

 

Kindleが日本に上陸し,Koboのサービスも始まった2012年の秋以来,2年にわたってたくさんの電子書籍を買って読んだのだが,2014年の夏ごろ以来,ぱたっとよまなくなった。

そしてまた,紙の本を買うようになった。

情報さえ頭にいれればいい,内容さえ理解できればいい,というような本ならおそらくKindleやKoboなどの電子書籍でよいのだろうが,味わって読みたい本もある。

それらはやはり紙の本で読みたい。

本をめくるということが好きだ。

本の厚さを感じることが好きだ。

読み終えた本が本棚においてあるのが好きだ。

ときどき本を出してぱらぱらとしてみるのが好きだ。

本に折り目をつけるのが好きだ。

本の重さを感じるのが好きだ。

もともとそんな人間なので,電子書籍で読むカテゴリーは今後どんどん絞られていくだろう。

啓発書とか,ブログの書き方などのハウツーもの,著作権の切れた小説を青空文庫で読む,などは,電子書籍でいいように思う。

反対に,詩集,歌集,全集もの,歴史書など,机上においてじっくりと読みたいものは,やはり紙の本がいい。

 

20130321-220339.jpg

 

まとめ

実は,近頃,Kindle paperwhiteを買いたくなったのです。

3G付きだと17000円近くする。どうしようか,どうしようかと思っている自分に,「今は,まだ買わなくていいんじゃないの?」とささやきかけるようにこの記事を書きました。

まとめのまとめ

この記事はMemoflowyではありません。

EvernoteからWordpressのエディタに直接貼り付けて,そこで膨らませました。

こんな書き方もよくやります。

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly