近頃は知的生活に関するこのブログがゲーム実況ブログになってしまいかけています。

このままではいけない・・・と思いつつ,10回目の今日、なにをしようかなぁと思っていましたが、節目にふさわしいことをやろうと思いました。

旅に出ます。

村探しの旅です。

この広い世界の中のどこかに村を作って生活している人たちがいます。
その人たちを探しに行くのです。

この拠点にはほぼ1ヶ月ほど滞在して、私にとっての大事な定住地になろうとしています。広大な安全な敷地を作りました。

モニュメントをつくって,参道もつくりました。ここにいれば,平和に暮らせます。

が、マインクラフトの楽しみは、その安定を捨ててあえて冒険に出るのとができるというところにあるように想います。

 

そこで、一旦これまでのことを全部ストップして、まだ見たことのない西の地へ向かって旅に出ようと思います。

そのために、道標を作るための松明と、ベッド、木を切る斧と石を砕くツルハシ、そして土を掘り起こすシャベル。
それらだけ持っていこうと思います。


じゃあ、出発します。しばらく帰りません。

このモニュメントの姿を見ることもしばらくは無いでしょう。

どうか温かくお見守りください。

 出発!

村の西のはずれのフェンスから。

ここはすでに村の外。いつゾンビが襲ってきてもおかしくありません。さあ,出発します。

 

西の川のほとりにつくっておいた仮の宿。中にはベッドもかまども作業台もあります。

今夜はここで一泊します。

 

仮の宿のなかから後ろを振り返ってみた長めです。僕の居住地も,もう丘の向こうに隠れてしまい,その柱を見せるだけです。

明日はいよいよ,まだ来たことがない土地へ向かって出発です。

でも,心臓がばくばくいっています。はなれたくありません。

何が待っているかわからない。不安でたまりません。

できることなら,このままあの家まで飛んで帰りたいです。

二日目

砂漠地帯に入る

すごい砂地帯に入ろうとしています。遠くには砂でできた大きな山。ここからはこれまでといろんなことが違うはずです。

不安です…不安です・・・・・。でも少し期待もあります。

おお!サボテンだ!

これは僕のうちの近くにはないです。左奥には巨大なキノコがみえています。

 

砂漠地帯ですね。ガラスをつくるために砂をいっぱいとっておきたいところですが,今は進むのみ。

これまでとは違った砂漠のバイオーム

ここ・・・これは何?

こんな生え方をする木はこれまで見たことがない。右の方に,切断面が見えますが赤いです。

これはアカシアだそうです。サボテンと言い,アカシアと言い,砂漠と言い,これまでの僕が住んでいた,オークと白樺の林の広がる環境とは大違い。

マインクラフトは,このように生態や風景などの環境がセットになっているので楽しいですね。バイオームというのだそうです。

でも,とても探検気分に浸っっている気持ちではありません。

僕はいったいどうなるんだろう。

知らない土地で,不安でいっぱいです。

 

進んでいくと,ものすごい大穴のあいた砂山。

 

ああ,日が沈み始めた。

 

今夜はここで寝るとします。

三日目

見れば見るほどすごい山です。いったいどうやってできたのでしょうか。

左に目をやると,遠くに巨大な砂山。

あの辺にいくと,何かありそうだなあ・・という淡い期待。

今日は1日このあたりの木を切って,たいまつの補充をしました。

もう,たびにでて3日がすぎようとしています。

暗くなった途端にベッドで寝れば,何かから襲われることもなく,すぐに朝を迎えることができます。夜中にゾンビにたたきおこされることもありません。

四日目

出発です。

近づけば近づくほど,すごい眺め。

いつか絶対この中を探検してやる。

下は,不気味に口を開くダンジョン

あ~,もぐりたい。

きっと下までずっと続いていて,ダイヤや金,ラピスラズリなんかがいっぱいとれるんじゃないだろうか?

廃坑もあるかもしれないな・・・

でも,たいまつでしるしをつけてきているから,必ず戻ってきて探検するよ。

今日はここで終わります。

15分のはずが,旅に出たらやめるにやめられず,4日分もプレイしてしまいました。

ゆうに60分は使ってしまってます。

うーん。もったいない。

あしたはちゃんと15分でやめよう。

 

というより,村を見つけたいです。

村人にあいたい一心で旅を続けていつのですから。

 

それではまた,明日。

 

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly