lala2

もともと、つくろうとしていたのはうちのブログによく登場する「ワタシノオクサン」です。

上の絵ですね。

昨日はこんな感じにしようと思ってつくりはじめたのに、いつのまにかリアルとデフォルメのちょうど間くらいになってしまいました。

5

つくっていると、顔と手に比率や顔に対する目の大きさなどのバランスが気になって、その結果、自然と実際の人間の比率になってしまうんですよ。昔から。

なかなか上のような完璧デフォルメキャラを3Dモデルでつくることができません。

服の色もちがうし。

腕もがたがたです。なかなかスムーズにならない。

とりあえずやってみたということで、今後少しずつ手を入れて、実際に使えるようにしていきたいと思います。

 

3DCGでモデルとつくっておくと便利なのは、下のようにいろんな角度から見ることができるので角度を変えて違う絵にすることができることです。


6なかなか便利です。

上の絵の支持棒のあたりになにやらまとわりついている○やらなにやらは、この棒を移動したり回転したりするための画面上のハンドル。これを動かしながら、手の中に収めていきました。

 


本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly