このブログや挿絵サイトの方でで使える3Dキャラクターをつくろうと前から思っていたのですが、午後から少し時間があったので、Zbrushで無心にモデリング。

球体を読み込んで、へらで削ったり指で引っ張り出したり表面をならしたりしながら形を整えていきました。

 

1

 

顔に色がついてますが、画面上を回転させながら思い通りの色を塗ることができるのです。

目がきらきらしてますが、これは目玉だけ質感に反射とか光沢を与えて、てかてかしているようにしています。

頭を黒くぬっているのはマスクしている部分。ここを数ミリ押し出して、それを土台にして髪の毛を引っ張り出します。

髪はぐにゃぐにゃひっぱりだし、ひだをつくるへらでととのえてこんな感じに。


3

 

髪の毛にも光沢の質感を与えてます。

角度を変えると、目の光沢の位置もかわっているでしょう?

4

ここまで2時間ほど。

今日はこれでやめておきます。

あとは、体をつくれば、ポーズや表情をつけていろんな角度からレンダリングして絵を量産することができるので、挿絵の役にも立ちそうです。

体はさらに2時間はかかりますし、ポーズづけにも同じくらいかかりますので、先の長い、気の長い作業になります。

 

本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly