前の記事を結構読んでいただいてありがとうございます。

軽い気持ちで書いた割には、はてぶまでいただき感謝です。

The Beatlesと私 | 知的生活ネットワーク

 

 

 

 

おまけに下のような嬉しいTweetまでいただいてとても嬉しかったです。


今日はバンドで練習をしてきました。

Somethingをやりました。

あのギターの音をなんとか出そうと、いつもはエフェクターをこてこてにいじってスタジオにもっていくのですが、今日はなんだかめんどくさくて、ギターをそのままフェンダーのアンプにつなぎ、つまみをいじってドライブをかけて、リバーブもちょっとかけて、もうそちらにまかせて音を出してみました。

しかし、しっとりと歪んで、けっこう高音もよく伸びて、1970年代のあの日差しのようなソロを気持ちよく弾けました。

ちょっと聞いてみてください。いや、僕のではなく彼らの音。

最初に出てくるのは、当時のGeorgeの奥さん パティ・ボイドでしょうか。

リンダと一緒にカメラを目つめるPaul McCartneyの自信に満ちた顔が大好きです。

その顔を照らす日差しが、先ほど私がいっていた1970年代の日差し。

なんとも円熟した、そしてこの後間もない解散を予感した人たちの表情に見えます。

ソロを弾いていると、いつもこのYoutubeの動画が頭に浮かんで来ます。

 

この曲はPaul McCartneyのベースもすごいですね。

縦横無尽な忙しいフレージングですが、やかましくない。

こんなベースラインなんて、なかなかない。

ストリングスの情感たっぷりのこの曲に、よくもまあ、あんな忙しいベースラインをつけたもんだと思うんですが、あのベースがこの曲を特徴付けてますよね。

 

ときどきこうして自分で演奏していると、いろんな憂さがはれていきます。

9279453545_ff017ea8e9_z


本の紹介

25年前の海外生活,PC事情,メモや手帳のことなどについて書いてます。

「私のシドニー派遣教員日記」
現地の児童相手になんとか楽しい授業をしようとジタバタしたことが,今の自分をどのように作っているのか。




よろしければ、購読の登録していただければ幸いです。
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

follow us in feedly