03 生産する 05 セルフ・パブリッシング Evernote

【お話】Evernote先生 江波野徹の一日〜第3話 朝の教室で

更新日:

徹は、教室に行く準備を始めた。

いつも通り、7:45に教室に入る。
ちょうどEvernoteのリマインダーが起動し、iPhoneの画面に「スズキ君。お母さん。確認」という文字が表示された。

スズキ君は、だいたい3番目くらいに教室に入ってくるが、今日はどうかな。
子どもは時々家の事情や心の具合などで、朝の支度が遅れることがある。
いつものとおりの時間にきてくれるといいんだけど・・・・

7:50分。
最初の子どもリョータが教室に入ってきた。
「先生!おはようございま~す!」「おはよう!今日も一番だね。」
「えへへ」リョータは、ランドセルを棚に置き、勉強道具を机に入れると、「いってきまーす」と言って外に遊びにでていった。まだ運動場にはだれもいない。きっと広い運動場をわがものがおで走り回るんだろうな。

次に来るのは、はにかみ屋のヨーコだ。
「オハヨ・・ゴザイマス」
「お・は・よ」徹はにこっと笑ってあいさつを返した。
「ヨーコさん、ちょっとおいで」
ヨーコは「あ・・・」という顔でかけよってくる。
「ほら・・・・」
徹はEvernoteを開き、ヨーコに、朝撮ってきた猫の写真を見せた。

yoko
ヨーコは顔をほころばせてしばらく見入った後、徹の顔を見てにこっと笑い、安心したようにランドセルを置きにいった。
「これでよし・・と。」

はにかみ屋で自分からはなかなか話しかけてこないヨーコとの、徹が毎朝しかけているコミュニケーションだ。これだけで、ヨーコは安心して一日を過ごしている。先生と猫をとおしてつながっている、という安心感だ。

猫写真は普通のカメラで撮ってカメラロールからでもヨーコに見せることができるのだが、Evernoteに残しておくと、そのときのヨーコの様子や話をしたことなどちょっとしたことをいっしょに書き残しておくことができるのだ。

徹は猫写真のところに、「ヨーコ。元気」と書き加え、「キリシマヨーコ」というタグをつけて保存した。

教室の扉が開く音がする。「おはようございまーす!」

スズキ君か?

・・・・・・スズキ君じゃない。

シンタローだった。やはり、お母さんの具合が悪くて、朝学校にこれないのかな・・・
「おはよう!」徹は元気にあいさつした。

「先生!スズキ君 階段で追い越してきた!」シンタローがはあはあと息をはずませて徹に言う。

スズキ君。
来てたんだ。よかった。
少し遅れてスズキ君が教室に入ってきた。

「先生!オハヨー!」
「ああ、おはよう」
今日は元気だ。きっとお母さんが元気になったんだな。

徹は、「スズキ君。お母さん。確認」の文の行頭につけられたチェックボックスをチェックした。


第3話です。

猫写真の用途、1日もたせた割にはさほどでもなかったですね。

でも、教師っていうのは、こうやって、ほんのささやかな糸で子供達とつながろうといろいろと工夫するんです。

登場人物ですが、リョータとか、キリシマヨーコとか、スズキ君とか、シンタローとか、なんでカタカナなんだと思われるでしょうね。

なぜかわかりませんが、お話っぽいからでしょうか。私はカタカナを好むのです。

ところで、キリシマヨーコさんは、「挿絵工房」の方で何度かでてきています。この方です。

madofuki3

 

左の女の子が4年生くらいになったキリシマヨーコ。右はお兄さんのワタルさんです。

このヨーコさんがもう少し小さい時の絵も挿絵工房に登場しています。

moti

今年のお正月にかいたお餅を焼いているところです。

キリシマヨーコという人は3年ほど前から私のイラストに登場していて、なんらかの物語の場を与えてやりたいなあと思っていたのですが、ここでようやく自分の場所を得ることができました。

はにかみやだったんですね。僕もびっくりです。もうすこし活発なお子さんと思ってました。

でも、さらにおもしろいことに、このはにかみやのキリシマヨーコさん、後に小学校の先生になるんですよ。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-03 生産する, 05 セルフ・パブリッシング, Evernote
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.