03 生産する 05 セルフ・パブリッシング Evernote Scrivener

【お話】Evernote先生 江波野徹の一日〜第1話 出勤まで

更新日:

江波野徹(えばの とおる)は、朝食を食べながら新聞を読んでいた。

徹は小学校の教師をしている。

「ああ、いよいよ月2回土曜授業が復活するんだなあ」

徹は、スマレコペンを持ち出すとその記事を囲み始めた。そしてスマホを出すとその部分を写真で撮る。すると囲んだ記事の部分だけがスマホ内に取り込まれるのだ。すぐに保存先をEvernoteに指定して保存する。

徹は、教師としての仕事のさまざまな場面でEvernoteを使っている。データレコーダーでありデータベースであるEvernote。常にデータを集め、それを駆使して授業をし、記録をしておかなければならない教師にとって、スマホとEvernoteは必須のアイテムだ。

テレビでは、オリンピックの選手が難病と闘いながら本番にのぞみ、メダルをとったことを感動的に伝えていた。

f00210f53021daea97a1

「ああ、これは朝の会で子どもたちと話すネタにしよう」。早速Fasteverを起動し朝の会の話のアイデアとしてそのことを簡単に打ち込み保存した。

FasteverというのはEvernoteに保存するためだけに特化したアプリだ。起動して文字を書き込み保存ボタンを押すという3ステップだけでEvernoteに書き込むことができる。思いついたことをすばやく記録するのに最適なアプリで、徹がよく使うアプリの1つだ。

「さて、出発するか」

「今日、遅くなるんだったっけ」と連れ合い。

「そうそう。夜、研究会の会議があるんだ。ちょっと確認してみよう」

Evernoteを開いたら、会議の案内を撮影してPDFにしたものが保存してある。確認したら今日は場所が変更になっていた。また、前回懸案だったことについての意見をもっていくようになっていた。

「お。場所が変更になっているんだった。そうだった。よかった。ありがとう。こえかけてくれて。」

「夜御飯いらないのね。」「そう。食べてくるよ。」

懸案事項についてはEvenrote内にノートを作り自分の意見を保存してある。今日はそれを見ながら話せばいいだろう。
案内文書の撮影とともに記録しておいた「本日持っていくものリスト」も確認した。Fasteverでその場で思いつくものをあげていたので、案内の写真のすぐ次に保存してある。ノートナビゲーションのボタンを1つおせば次に保存してあるリストが表示された。

徹はそれを確認すると、家を出た。

子どもたちが待っている。

教師の一日が始まる。


電子書籍にしようと思って書きためていた「教師はEvernoteを使いなさい」の原稿です。第1部「Evernoteを使った教師の一日」を物語仕立てにした部分です。

コンテンツはできていますが、編集作業が難しくてなかなか陽の目をみません。そうこうしているうちに、出すのがこわくなってしまいました。主人公が「江波野徹」なんてべたな名前ですし。

そこで思い切って先にブログで発表してしまおうと思いました。

ここで一度見て頂いておけば、思い切ってセルフパブリッシングへと進めそうな気がしたからです。また、Scrivenerで書いているうちには気づかなかったことも、ここにテキストを落としてみて初めて気付き、書き換えるといったこともできました。

Scrivenerに書き溜めているお話をきりのいいところで切り取って投稿しますので、読んでいただければ幸いです。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-03 生産する, 05 セルフ・パブリッシング, Evernote, Scrivener
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.