02 読書のカタチ よもやま新聞

よもやま新聞121 読書!読書!読書!

投稿日:

今年は、アウトプットよりもインプットを少し多めにしようと思います。

「読書は99%はアウトプット」という本をせっかく読んだのだから、アウトプットにもっと力を入れていこうと思うところだけど、むしろ、この本を読んでからインプットを多くしようという気持ちがわいてきました。アウトプットをするためのインプットをできるだけ増やそうということです。

 

先日来、バスや電車ではスマホを見ない、ということを続けています。

バスや電車の中でスマホを見るくらいなら、中吊り広告を見ていた方がより質の良い情報を得られるという文章を読んでたしかにそうだなと思ったからです。私はスマホを見るというのではなく、スマホで文を書いていました。アウトプットをしていたのです。ブログの原稿であったり、行動の記録であったり。

でも、その時間に本を読めばかなりの量のインプットをすることができる。確かにそうだ。そう思いました。

私は放っておいてもどこかで必ず記録をする人間なので、別にバスの中で書かなくてもいいのです。本を読む時間にあてたほうが時間を有効に使える。

そう考えて、それからはずっと本を持ち歩いて電車、バスでは読むようにしています。

1のインプットよりもら10のインプットの方がそれだけ多くアウトプットするための発想の幅が広がります。あれとこれとがつながり、新しい発想が生まれる組み合わせがはるかに多くなりますからね。

だから、時間を使ってひたすらインプットに励む年にしようと思っています。

 

そのために、いろいろと生活の改善を図る必要があります。

毎日バスや電車にのっているわけではありませんし、朝のストレッチ時、トイレ、風呂の中、PC起動時のチリツモ読書を続けていくとしてもそれだけでは1日に1時間くらいにしかなりません。

布団では一瞬で寝落ちしてしまうので、ほとんど本など読めません。

 

そこで、これからやろうとしているのは、「昼休み」を休みだと割り切って読書をする、ということです。

私たちの仕事における昼休みは、子どものための昼休みではあっても、自分の休み時間として使う事はなかなか難しい状況です。昼休みにしか5時間目の理科の授業の実験の準備はできないし、日記をみてお返事を書く時間もありません。子どもにせがまれていっしょに遊んでやることもあれば、問題のあった児童を呼んで話を聞かなければならないこともあります。12時から13時までは昼休みです、と割り切ることができない仕事です。

でも、それを割り切って読書にあてようというのです。

子どもと一緒に図書室に行って、机を並べて読書するのもいいなあと思います。毎日45分、こうして本を読むことができたらどれだけのインプットができるでしょうか。45分×5日で、3時間45分もの読書ができます。これだけ読めたら、相当なものです。

夢のような話ですが、「昼休みは割り切って本を読むんだ!」という意識を持っているだけで10分でも20分でも読むことができそうです。

 

実は、このことを先週からやることにしていました。

連休明けの火曜日、「しっかり昼休みに読書するぞ!」と張り切って出勤したのですが、結局4日ともお客様の対応、会議、子どもの世話で見事に撃沈です。1分たりとも昼休みに読書をすることができませんでした。

それでも、意識は持ち続けようと思います。

 

さて、来週は昼休みにどれだけの本を読むことができるでしょうか。

カウントしてみようと思います。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 読書のカタチ, よもやま新聞
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.