よもやま新聞

よもやま新聞119 知的野蛮人になる

投稿日:

今日の読書から〜「知的野蛮人になるための書棚」

様々なテーマについて、それぞれのテーマごとに2冊の本を選んで、そのテーマについてはこれを読め、と教えてくれる。
この本に対してその本?という組み合わせの意外性が面白い。

知的生活の迷走

電車の中ではスマホは見ない、ということがある本に書いてあった。
その間、本を読めばどれほどの本を読めるかわからない。スマホを見るくらいなら、中吊り広告を見ていた方がはるかに良質の情報を得られる、というようなことが書いてあった。

私はスマホでゲームをしたりすることはないが、スマホを開いてよくモブログをしている。
バスや電車の中を生産の場にしているのだ。

でも、これを読んではたと考えた。

電車やバスで生産をしなくてもいいじゃないか。
してもいいけどしなくてもいいじゃないか。
電車やバスで生産するかわりに、どこで本を読む時間を確保しているのかというと心もとない。

私は文字を書かざるを得ない人間なので、バスの中で書かなくても家では絶対に書く。

ということは、バスや電車の中は本の時間として確保しておくほうが今以上に読めるではないか。
と、そんなことを考えた。

それで、ここ一週間ほどは、バス、地下鉄に乗る機会があるときは文庫を持っていって、読むようにしている。

面白いように読めていくものだと思った。

健康

スクワットが9日目に。はじめは10回がきつかったけど、だんだんきつくなくなって、まだ余裕があるようになった。
無理したら膝を悪くするので、うまくバランスをとりながら、じょじょに回数を増やしていきたい。

今日の読書から〜古今和歌集

食堂では、夕食後に古今和歌集を読むと決めて読み進めています。
私の趣味は万葉集にあって、古今集はどうも自分の趣味に合わない、とこれまで思ってきたのですが、長いことそう思い込んでいただけで、実はそうではないのではないか。
昔読んだ時に自分に合わないなと思ったことがあるかもしれないが、時間が経つうちに合うようになっているかもしれない。
そう思って読み始めた古今和歌集です。

早速、春のところによく知っている歌が二つも現れました。
どちらも百人一首に取られているので、子供たちと一緒に百人一首に夢中になっていた私にはとても懐かしく、しっくりくる歌です。

きみがため 春の野に出でて 若菜摘む
わが衣手に 雪は降りつつ
光孝天皇

人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の 香ににほひける
紀貫之

そうか、これ、古今集だったのか。

毎日少しずつ読み進めます。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-よもやま新聞
-,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.