00 このブログについて Scrivener 瞑想

【感謝】激動の2014年を今、振り返ってみる 2014年1月~6月

更新日:

あけましておめでとうございます。
年が明けてからもう2日目となってしまいました。
本当に休み中は時が過ぎるのが早いものですね。
さて、本ブログは、2010年4月から「教師の知的生活ネットワーク」というブログ名でしたが、昨日から「教師の」をとって、「知的生活ネットワーク」と改名しました。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

「知的生活ネットワーク」に改名しての初の投稿です。

昨年の暮れ、ちょっとスイッチが入ってしまって絵を描くことに没頭していたあまり、ブログを更新しないまま新年を迎えてしまいました。
おかげで振り返り記事を描くことができませんでした。

昨日、元日も年賀状と宴会以外はほぼ絵を描いて過ごしていたので、ブログには手を付けず。
そろそろ手がうずうずしてきたので、書くことはたくさんあるのですが、暮れに成しえなかった昨年の振り返りを行ってみたいと思います。
いろいろありましたからね。

1月

TaskchuteとToodledoとを連携させながらうまくすべりだす

TaskChuteを暮れに導入してから初めてのビジネスアワーでの使用。

Toodledoにまずタスクを書き出し、そこからTaskchuteへという連携でスタート。

【紹介】15分で1日1枚挿絵をしあげる方法

このころは、毎日挿絵を1枚描くという修行を行っており、そのための時間の使い方を工夫していた。4月以降ふっとんでしまいましたが、それまでよくがんばりました。下絵メモが公開されてます。

システム手帳とモレスキン、ほぼ日手帳、iPadminiをつかいわけるコンテキストとは

この記事は、今でもかなり読まれる記事となりました。今日現在で8000越えですから私のようなブログとしてはよく読んでいただけた方だと思います。

昭和63年のシステム手帳のリフィルなど、時を超えてまだ現役のリフィルたち

これも2400PVくらい言っていますね。よく読まれていると思います。

システム手帳の話題などはよく読んでいただけますね。

手作りのデータベースシステム「山根式袋ファイルシステム」のおすすめポイントと作り方

これは4000PVです。この3日間に書いたブログだけで、15000PVくらい稼いでくれました。

2月

クラウドアウトライナーとの出会い

2月には劇的なことが起こりました。クラウドアウトライナーとの出会いです。

アウトライナーはこれまで20数年間、Wordでしか使ったことがありませんでしたし、それがアウトライナーだと思っていました。僕にとっては論文執筆やレポート作成のためになくてはならないものでした。

しかし、クラウドアウトライナーによって、これまでの文書作成のフローがごろっと転換するほど大きな衝撃を受けました。

以下、クラウドアウトライナーWorkflowyの記事です。
クラウド・アウトライナー Workflowy を使って快適に文を組み立てる

これは3000PVくらいいただきました。

クラウド・アウトライナーのよさは、いつでも考えるタネが見えること。そして育てられること

Worlflowyは、アイデア→生産という流れをスムーズにする

 

しばらくWorkflowyを使ってみて、それがクラウドであるということがどれほど革命的なのかについていろいろと考えることがあったので書いてみた記事がこちらです。

Outlinerを外へ持ってでるということが、私の中でいかに革命的であるのかを歴史的観点から示してみた

【その2】Outlinerを外へ持ってでるということが、私の中でいかに革命的であるのかを歴史的観点から示してみた

そんなアウトライナーを外へ持ち出せるという事は、これらのきれいに構造化された空の箱そのものを外へ持ち出せるということなんです。

前後の脈絡を気にする必要は無い。

すでにそれらは構造化されているのだから。

埋もれてしまっている膨大な「下書き」記事を、WorkflowyやScrivenerで生き返らせる

 

ここからは必然的な流れとして、Scrivenerと出会いを果たすことになりました。私の書き溜めてきたコンテンツを一気に電子書籍へと導いてくれたソフトです。

このおかげで、電子書籍を一度に3冊並行して書き進めることができました。

アウトライナーから、書籍執筆専用アプリ Scrivenerへ

編集作業で立ち止まってしまい、あたふたしているうちに4月からの怒涛の仕事の波に押し流され現在保留中ですが、せっかくの「知的生産ネットワーク」なのですから、今年はこれに日の目を見させたいと思っています。

3月

OneNoteとEvernoteの使い分けはこれだ!

これは現時点で5700PVほどあります。かなり息の長い記事になりました。Onenoteが固定ページのようなストックの性質をもったもので、Evernoteがブログ記事のようなフローの性質をもったものだから、それに見合ったデータを管理させたらいい、ということを書いた記事です。

Onenoteが無料になったことで、再度使い始めたときに書いた記事です。
【若い先生へ】初めての異動を控え、やっておいたほうがいいこと

異動の季節ということで、若い先生向けに書いた記事。1700PVくらいいただきました。

ずっと私が心がけてきた項目です。

4月

異動について若い先生向けの記事

「知ること」「知ってもらうこと」で、異動鬱をのりきってください

新しい職場へ移動した人が陥りやすい「異動鬱」。これをなんとか乗り切ってもらいたいと思い、若い先生あてに書いた記事です。一般の仕事にもあてはまるのではないでしょうか。

先行きの不安を解消するために私がしてきた3つのこと

これも同じですね。若い先生、異動の先生向けです。これもけっこう読んでいただけました。

5月

一歩でも前に

瞑想的10分間お絵かきみたいなことはじめて見た

無心にやっているうちに方向性が出てきてそのまま進んでいったらこうなった、というような絵の描き方を始めたのですが、実際に始めたのは2000年ごろにさかのぼります。毎日1枚、そんな描き方の「デジ絵」を描いていました。

今の「ラクガキ」に通じるものがあります。

でも、今年はあまりできませんでした。

【歓喜】有名ブログ様に応援していただいたので、またがんばる

ひとつのトピックがありました。Beckさんの「Hack for Creative Life!」で紹介していただいたのでした。

ここからたくさんの方に知っていただいたし、ブログのモチベーションが高まってきたありがたいトピックでした。

「チリツモ読書」のすすめ

これも大きなトピックです。やたらと忙しい毎日、読書のためのまとまった時間がとれないなかで、少しでも前に進めるために「チリツモ読書」宣言をしたのでした。

朝のストレッチの時間に並行して読書15分、トイレの中で10分、風呂の中で30分など、ほかに何もしようがない時間を利用してチリツモ的に読書をしていきます。

これで、3日で1時間30分もの読書時間を得た日もありました。これをしなければとても読了できなかっただろうというような本もあります。

特に風呂では、防水のandroid携帯が役に立ちました。

6月

アウトライナーについての考察記事

【新感覚】workflowyで、ブログを書くと捗る

クラウドアウトライナーWorkflowy。

このころは、もっぱら原稿も、アイデアも、レポートも勉強も、ほぼなんでもかんでもWorkflowyを使っていました。迷走のまったくない実に楽しい時間でした。

【驚愕】あれ?最強のアウトライナーってWordじゃない?

結構自分でも衝撃的な結論だったのですが、PVも1000を超えました。

内容は、アウトライナーで構造を作ると、そのまま文書の体裁(太字とか、インデントとか)に反映され、そのまま印刷できるレベルに自然になっているから、ということです。

私のアウトライナーの使い方はプロセス型かプロダクト型か?

それで、結局はアウトライナーに求める機能をどう受け取るかということで、プロセス型とプロダクト型という考え方をすることでさらにアウトライナーというものついて考えを広げることができました。

常に出口のプロダクトを考えて、プロセス型で作業している。

どうも私のアウトライナーの使い方はそのようです。

【やはり・・・】仕事ログも勉強もアイデアもメモ取りもこれひとつでOK。日報的アウトライナーの使い方

これもアウトライナーについて。日報的に使っていた時期に書いた記事です。本当になんでもかんでもWorkflowyでした。

セルフパブリッシング

さて、下の2本は、セルフパブリッシングについての記事です。

セルフ・パブリッシングへの道〜1 2012年KDP開始からこれまで

セルフ・パブリッシングへの道2 〜タイトルが決まり編集の方向性が見えてくる

Scrivenerのおかげでほぼコンテンツが入れ込まれ、あとは編集作業をすることで8月には第1冊目を出版したいと思っていた頃です。

実際はここでとん挫したままになっています。

ブログ名も「知的生産ネットワーク」になったことだし、なんとか完成させたいです。

 

今日は、6月まで。

それではまた。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-00 このブログについて, Scrivener, 瞑想
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.