02 アプリたち 10 黎明記 よもやま新聞 瞑想

iPhone6▼ブログの育て方2【よもやま新聞104】2014/9/16

更新日:

今日のトピック iPhone6/6+ 初日で400万台突破で過去最高記録らしい

iPhone6、6 Plusの初日予約販売数、なんと400万台突破!Appleも驚く過去記録更新に!?
400万台突破って、そんなんで手に入るのか?

400万台というのがどれだけすごい数字かといわれるとよくわからないが、Appleも驚くほどの予約販売数なら、だいたいいつ私の手に入るのかな。私が予約するときは3,4週間待ちなんて書いてなかったので、もしかしたら19日に手にすることができるかも、という淡い期待もまだ捨て切れません。

カメラのでっぱりがかっこわるい?

ところで昨日辺りからカメラの出っ張りがかっこ悪いという話題がそこここに。
iPhone6のかっこ悪いポイントと特許との関連について
ぼくはそんなにかっこわるいとは思わないけど

ぼくは大してかっこ悪いと思わないけど、テーブルにおいて並行におけないとちょっと美的にだめ、ということらしいです。
かくかく音がするのがいやというのもあるでしょうね。
僕はこんなのすぐになれるので大して気になりませんけど、なんだかしょうがなかったんでしょうね。

やっぱりならぶんだなあ

【iPhone6行列】セレモニーが行われるかわからないけど発売が待ちきれないから「ドコモショップ丸の内店」前に並び始めた | ロケットニュース24
ああ、やっぱりならぶんだ

日本人はならぶのがすきだそうで、人が行列を作っているとなんだかわからなくてもとりあえずならんどこう、ということになるらしいですね。
わたしは行列が嫌でたまらないので、できれば避けて通りたいです。
でもiPhoneの行列には一度ならんでみたいなあと思います。
現職中はとてもできることではないし、する気はないのですが、退職後に是非挑戦したいなと思ってます。
4,5日かけて寝袋持ってみんなでわいわいいいながら並んでいたいな。なんだか一体感がうまれるだろうなあと思います。

ブログの育て方 Lyustyle版 2

僕がブログを始めたのは2004年のことですからもう10年になります。

残念ながらあれこれいろんなブログサービスを試して歩いたので、記事はひとところにのこっていません。

日記の時代

ブログの前には無料日記サービスが流行っていました。

見た目は今のブログと似たような画面でした。片方のペインにカレンダーがあり、片方のメインエリアに書いていきます。新規エントリー一覧やカテゴリ、タグなどはありません。ただ、カレンダーをクリックして表示されるその日の日記を読ませてもらう、というサービスです。

日記という文化は日本にはなじみのもので、「日記」というひとつの文学ジャンルがあるほどです。紫式部日記、十六夜日記、更級日記、土佐日記・・・あげればきりがありません。ドナルド・キーン著作集全5巻のうち1巻をまるまる日記文学に割いているほどです。

日本人は日記を書くDNAをずっと受け継いできたのです。それも1000年以上前からです。

ネット環境を手に入れた日本人がネットで日記を書き始めたのはかなり早く、1990年代のことです。ホームページという形で、固定ページを手作業でどんどんふやしていく形で更新されていました。

こんな私的なもの、誰が読むのかと当時始めた本人がそう思いながら運営していたようですが、人の生活を見てみたいという人はいるもので、たくさんのアクセスがあつまったみたいです。

「それなら自分も・・でもホームページをつくる技術は持ち合わせてないし・・」という人のためにWeb上で日記サービスが始まり、たくさんの人がネットで日記を書き始めました。

当時のサイトには、掲示板や日記をそなえるのがはやってましたね。2000年代はじめの頃、ブログ前夜です。

私はといえば、最初のホームページを立ち上げたのがなんと1996年。日本でインタネットが始まって数年というかなり早い時期に立ち上げました。今考えたらすごいことだなと思います。そのサイトが今でもあったら、18年もののサイトということになります。

インターネット黎明期の光をのほのかに残した記帳なサイトになっていたはずです。歴史的遺産です。おしいことをしました。(こんなのばっかり)Painter Worldという名前の、デジタルで描いた絵を発表するサイトでした。あ〜もったいない。

当時つくっていたCGです。1996年くらいから2000年代はじめころのCGの一部です。

alps3

 

これは景観ソフトでつくっていた山です。button_r2_c2 button_r2_c3 button_r3_c2 button_r3_c3

 

これらは、ホームページにつかうリンクボタンのデザインです。

cofee3

これは少し凝ってますね。まめひとつひとつからモデリングし、つみあげてつくりました。Goldのくだの光沢やガラス容器の透明感、つやなどを出すのにシェーディングやライティングの試行錯誤をかなり行ったことを覚えてます。

farmer

これはPainterで描いた絵。色鉛筆をえらんでハッチングの重ねでいろをつけました。
sunadokei

これはかなり前。1996年頃。初期の3Dモデリングのソフトで一からモデリングしたものです。

これを計算して絵に書き出す作業に当時は1時間くらいはゆうにかかりました。ガラスの反射やこうたく、透明感にこればこるほど、計算にかかる時間は長くなります。昼ごろレンダリングボタンを押して研修に出かけ、夜に戻ったらほぼ描画が終わっているという、息の長いわくわくする作業でした。

今ではほぼ一瞬でできるのではないでしょうか。
vue3_kohann2

 

これは、3D景観ソフトですね。陸や山、水や木々を配置してあとは向こうに任せるだけでかなりリアルは景観がつくれます。

こんなことをやって、それを並べてました。

ホームーページとは、自分のコンテンツを発信できる場を自分でもてるということ

1998年頃、子どもたちの学習に役立つ資料サイトをつくろうとして、デザイン段階で頓挫しました。こりすぎたのです。XoopsやWordpressなどのCMSがあったらそのへんは簡単にクリアして内容で勝負できていたのですけどね。これもおしいものです。そのサイトももうありません。

これらは、なんとかネットで表現したいという渇望にもにた欲求から生まれでたものです。パソコン通信では表現しきれなかったビジュアルなコンテンツを自前で発表できるのですから何とかしたかったのです。

2001年に始めたグラフィックのサイトは、これは長く続きました。2005年頃まででしょうか。今でも趣味で行っている3DCGのモデリング過程や作品を載せるサイトでした。

これはかなりヒットしまして、わたしは初めてここで日記をかくようになりました。製作過程の日記です。

しかしホームページですからCMSの恩恵は受けられません。記事を書いたら自分でメニューを書き換えなければなりません。
それでも設置していた掲示板にはたくさんの人達が読みに来てくれ、反応もたくさんあったので、書いていてとても楽しかったことを覚えています。

ホームページは自分の書いたものを外へ向けて発信する場所を自分で作れるということでした。
これはかなり嬉しいことでした。

そしてこのような前史の後にブログの時代がやってきます。

知的生産の迷走 19 〜Texteverをためしてみる

もう19回も瞑想しているのかと思うといったいどうしたものかと思います。

今回の迷走はTexteverの導入です。Evernoteにすいすいとライフログを書くことができるアプリです。

開いたらさっとかけるというのが売りですが、それならFasteverがあります。これはもう不動の地位を保っていると言ってもいいでしょう。開いて書いて送信。ただそれだけです。

ところが、わたしは送信するだけでなく、送信したものをさらにブラッシュアップしたいのです。つまり開いて編集し、アイデアを育てていきたいのです。

これを行うためのアプリとしてはいくつかこれまで紹介してきました。

まず、Cleverです。これは更新は速いし、タグはつけられるし、なんといってもノートリンクを作成できるというのがすごいアプリでした。
このサイトでも何度か紹介しています。

ところが・・・ところが・・・

なぜかわからないけど、編集するたびになぞの改行がふえていくんです。
2回、3回と開いて編集を重ねていくと、行間がどんどん開いていくのです。

しばらくつかってきましたが、なかなかその辺が改善されず、しばらく使うのを休むことにしました。

そのうちこの点がなおされたら、これは最強アプリになることまちがいいありません。

その後、よい編集アプリに出会うことはなく、結局そういう用途には本家アプリが一番では・・ということで本家ばかりつかってきました。でも、更新が遅いんですよ。
軽快に使えないんです。

なにかいいのはないかと探していて見つかったのがこのTexteverです。

これは送信だけでなく、編集も軽快。
ようやくであったかな、と思っているアプリです。

残念なのが、ノートをインポートしてきてから使うようになっていること。どのノートかを編集したければ、まずインポートしておかなければなりません。このあたりは痛し痒しといったところで、軽快に作業を行うために必要最小限のものだけ読み込んでおくようにしたのでしょう。なんでもありのアプリではないということです。

確かにその分、更新も読み込みも速い感じがします。

まだ使い込んでないのでここでご紹介できるほどではないので、迷走記事として書きました。
しばらくふらふら迷走して、そのうちつかめたらきちんと記事にしたいと思います。

今日も
読んだ本のハイライトから

今日のクロッキー
昨日の読書ログ
はお休み!

それではまた!







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, 10 黎明記, よもやま新聞, 瞑想
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.