02 読書のカタチ Taskchute よもやま新聞 絵を描く

職場でのTaskchuteによる行動管理にようやく明るい兆し 【よもやま新聞98】2014/9/3

更新日:

・今日のトピック

「昨日の記事について」 1日でPV100いけませんでした

「Your Twitter card is ready!」▼職場Taskchuteに手応え 【よもやま新聞97】2014/9/2 | 教師の知的生活ネットワーク
一日たって、100PVいきませんでした

 

 

昨日の記事はあまりヒットせず。1日たって100PVいただけませんでした。

題名に「Your Twitter card is ready!」という方を先に持ってきたのが行けなかったのかな。先にTaskchuteを持って来るべきだったかもしれません。
読む方の興味はやはりTaskchuteの方にあると思うので、今後は題名の付け方をもっと考えなくては・・・。

「読んだ本のハイライトから」~55歳から始める最高の人生

55歳から、次の人生でやりたいことの勉強を徹底的にやる。その道のプロになるまで勉強すれば、その後も立派に食べていける。一番いけないのは、中途半端になることだ。
「プロになれ。職人になれ!」

このことについては日頃からよく考えています。

テレビではよく「天下り」などの話がありますけど、自分は退職後に人様のお世話で天下りをするような生き方はしたくないなあ。

いや、天下りがいけないというのではなくて、「次の仕事が何方様かによって準備されているから安心」という気持ちで思考停止に陥ってしまうことがいやだということです。

しっかりとさきのことを考えて、退職までの残りの年月を生きていきたい。

そのための準備を今からしておきたいと思ってやって来ました。

そういうわけで、このハイライトの部分は「そうそう!」と膝を打った部分です。

次の人生では何をやりたいのかをしっかりと考えておき、そのための勉強を余暇を利用して続けていきたいもんだなと思っています。

今日のクロッキー

20140831-234920.jpg

 

バス待ちで。どうろを掃く人や、ナップサックをからって歩く女性。橋から川をながめる男性。

それぞれ10数秒での速写。まさにクロッキー。

けっこう手首がしなやかにうごいていたと思う。

知的生産の迷走 15 ~職場Taskchute、やれるという自信ができた


今日から学校現場は本格的に授業が始まりました。
給食も始まり、学校の日常の姿が帰ってきました。

さて、そのような状況下でTaskchuteを使った行動管理ができるのか・・。割り込み仕事においまくられず駆逐されず、第2領域の仕事もきちんとこなしながら、割り込み仕事の処理もどんどんこなせるのか・・。

職場についてから始業までの1時間半。
これは次々にこなしていくべきルーチンタスクの山です。
一分たりともぼーっとしているひまはありません。

これは「今、その場でやらなければならないこと」なので、他の仕事を割りこませてはなりません。

だから、子どもがけがをしたなど、余程のことがない限り他のことはやらない。
Taskchuteに入れてあるタスクを順番通りにこなしていくだけです。

こうして、8時半に始業。ここからもまだルーチンタスクが続きます。子どもの出欠状況の確認をしたら、全校を巡回。これを1時間つづけ、10時になって、ようやく「朝仕事」となります。

この「朝仕事」は2時間とっていて、ここで行う仕事をToodledoにまかせているため、開始時刻を入れたらいったんTaxkchuteとはお別れをし、Toodledoで今度は降り積もった仕事をどんどんかたづけていきます。ここでは割り込み仕事の嵐ですので、割り込まれようがどうしようが、めにつくもの手当たり次第脇目もふらずにどんどんこなしていきます。

「もう、どんどん割り込んでください、どんどんやりますから」という状態。なにせ2時間という縛りをつくっているので必死です。

Taskchuteを使っていなかった頃は、この時間が延々と続き、結局次々と降り積もり続けるタスクとたたかいつづけ、とても第2領域に属するような仕事をやろうとする心の余裕がありませんでした。]

ところが、今は「朝仕事」の2時間がおわったら、きっぱりとこれらの仕事をやめ、また第2領域に属するルーチン仕事を手順書どおりにやっていきます。

こうして「割り込み仕事、降り積もった仕事」の時間と「ルーチン仕事」の時間をTaskchuteで明確に分けることで実に気持ちよく仕事が進められることがわかってきました。

細かいタスクはToodledoに任せ、行動管理をTaxkchuteで行う。
これです。
割り込み仕事の嵐の家野職場でTaskchuteは無理だと思い、4ヶ月間Toodledoだけでやってきましたが、なんとかTaskchuteとTodledoの連携でよい道をみつけようとしているところです。

ではまた!







Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 読書のカタチ, Taskchute, よもやま新聞, 絵を描く
-, , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.