02 アプリたち 06 知的生産の魅力 workflowy よもやま新聞 カメラ

【よもやま新聞86】2014/7/28 物欲がさわぎだす ▼OmniOutlinerとiPadminiの相性はすばらしい

更新日:

知的生産の迷走〜7 物欲が騒ぎだす

ここ数日、また物欲がさわぎだしています。

ほしいのは、Kindle Paperwhite

そして今更ながらの Nikon D5300。

Kindle PaperWhite

でも、Kindleに関しては、私のアカウントではKindleのサイトで今のハイライトが見られないということと、メールで問い合わせても「サポート対象外だから、Amazon.comに問い合わせなさい。」というお返事の内容で少し興ざめになってきています。

そもそも、なぜみんなはAmazon Kindle からハイライトが見られるのに、私は見られないのかがわかりません。それさえわかればなんらかの手を打てるのに。

そこがわからないと、わざわざKindleを使う必要はないので、なんとかはっきりさせたいところです。

Amazon.com に問い合わせようと思ってみても、アカウントを統合した今、Amazon.comには私の co.jp アカウントでは入れないのです。PC版Kindleで登録をけられるのと同じ状況です。

では、いったいどうしたらいいのでしょう。

Amazonには私はこれから何をしたらいいですか、と問い合わせ中です。

もしや、アカウントを統合してしまうとだめなのでしょうか?

次に、Nikonの一眼、D5300

2006年にD80を買って以来、D80ひとすじで7年間やってきて、やっと昨年 初めてのミラーレス Sonyの Nex-5R を買ったのです。

よい写真がとれるし、軽いのでしっかりと楽しませてもらっていますけど、やはりずっしり重たいデジタル一眼もほしい。

そんな時はD80を使っていましたが、ここでそろそろ新しいデジタル一眼がほしくなりました。

 

ただ、「買ってどうする」と自問するとすぐに答えられない私がいます。10万円をこえる高い買い物です。価格に釣り合った用途がほしいもの。

しかし、そんな用途は思いつきません。

強いて言えば、ずっしりと重たいカメラを構えてファインダーをのぞき、「パシャッ!」と派手な音を立ててシャッターをきりたい、という理由です。
こんな理由で10万近くもだしていいのかと思います。

でも物欲がさわぐとはそういうもので、「ほしい!」「身近においておきたい!」「何に使うかなどどうでもよろしい」というのが正しい物欲(?)ではないのか、とも思います。

 

さっきAmazon を見て、18−140レンズキットが90000円以下だったのでついあやうくポチろうとしてしまいましたが、なんとか押さえました。しばらく考えてみるつもりです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 ブラック 2400万画素 3.2型液晶 D5300BK

OmniOutline は、会議や研修の記録に最高

今日も研修でOmniOutlineを使いました。

講師の話をどんどん段差をつけながらアウトラインに入力をしていきます。

どんなに長くなってもおりたためばたった1行になってしまいます。

「研修」「会議」という二つのファイルをつくていますが、ここ3ヶ月ほどの内容がすべて収まっています。

ファイルを開いたら、すべて第1レベルまで折り畳まれています。第1レベルはひとつひとつの研修や会議をさしますので、記録した研修や会議の数の行だけが表示されます。

そして、参照したければ、そのタイトルの行を展開すればよいのです。

必要なときに展開してその間の膨大な内容を表示し、終わればまたおりたたんで1行にしてしまっておく。

アウトライナーは実に便利です。

そして、iPadminiとの相性は抜群です。

あの小さなiPadminiに、受けてきたすべての研修やたずさわった会議の内容がすべて入っていて、持ち歩けるのですから。







Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, 06 知的生産の魅力, workflowy, よもやま新聞, カメラ
-, , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.