06 知的生産の魅力 Evernote

【大変革】Evernoteでものを書くことが多くなってきた

更新日:

昨日はamazon kindle での本の表示がAmazon.com になっている不思議について書きました。

【お願い】私のKindle Amazonのサイト(https://kindle.amazon.co.jp/)では、amazon.comの本しか表示されません・・ | 教師の知的生活ネットワーク

日本のamazonでは何も問題なくamazon.co.jp の本が表示されるのに、Kindleのハイライトが示されるamazon kindle のページではおかしい。まちがいなくamazon kindle に入るときにはamazon.co.jp のアカウントで入っているのにもかかわらず。

このことについては、@irodrawさんから「アカウントを統合した時の何らかの不具合では」というご指摘と、励ましを頂いたので、明日にでも確認してみたいと思っています。

どうもありがとうございます。

Evernoteでものを書くことが多くなってきた

以下のエントリーでEvernoteを知的生産のフィールドにしていくことについて書きました。

【宣言】私のEvernoteを「考えを育てるフィールド」に作り変えるためにノートブックを大再編する! | 教師の知的生活ネットワーク

このあと、Evernoteでブログを書く、ということが多くなってきました。

以前なら考えられなかったことです。Evernoteのエディタがあまり好きではなく、ブログはWorkflowyやOmniOutlinerなどで原稿をつくって貼り付けたり、iPhoneのアプリで書いたりするのが常でしたので、ここ数週間の変化には自分でも驚きです。

でもこちらで書いたように

【初体験】初めてEvernoteでブログの原稿を書く | 教師の知的生活ネットワーク
実際ここまで書いていて、左のペインに膨大なデータの海が見えているというのは、なんというか実に安心感があります。これらを自由に使って文章を書くことができる、という幸せを感じることができますね。

左側のペインに必要な資料がすべてそろっている、というのはこれまでに感じたことのない安心感というか、充足感があります。

書きたいことの「タネ」が左のペインにいくらでもあるのでそこからどんどん汲み出してくることも心理的にしやすいです。

 

こうなってくると、Evernoteへの資料の集め方も少しずつ変わってきました。

たとえば読書メモはこれまでPosteverで1つのノートにまとめて取っていくようにしていましたし、記録しただけでしばらく放っておいたりしていたのですが、Fasteverで(Siriを使って音声入力)個別に書き出しておき、あとからEvernoteで開いてコメントを書いておく、ということをするようになりました。

読書メモをしただけでほうっておくと、あとから「なんでこんな箇所を抜書きしたんだっけ?」とわからなくなることもありますので、あとからコメントを書いておくと、後から生産につなげやすいのです。

実は、そういうことはわかっていたのに、これもEvernoteのエディタであまりものを書きたくないな、という気持ちがあったことからこれまでやっていませんでした。

Evernoteでものを書くようになってからの思わぬ副産物でした。

ever







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-06 知的生産の魅力, Evernote
-, , , , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.