06 知的生産の魅力 Evernote よもやま新聞

【よもやま新聞81 2014/07/19】Evernote大再編 ほぼ終了!

更新日:

本日二本目のよもやま新聞。

かけるときにかいておかなきゃ、というわけじゃなくて、実は、この記事は先週Evernote内でつくっていたものです。夜中の23時に帰宅という日が続き、書いている最中に寝落ち、という常態が3日くらい続いてとうとう記事としてアップできなかったものです。

せっかくだからあげておきたいと思いました。

Evernoteの大再編 ほぼ終了

Evernoteを、「考えを育てるフィールド」に作り替えるためにノートブックを大再編していました。

【宣言】私のEvernoteを「考えを育てるフィールド」に作り変えるためにノートブックを大再編する! | 教師の知的生活ネットワーク

それが先日ほぼ終了。

note_design

14000のノートたちをこの4つのスタックに整理しなおしました。

当初、「知的生産」と「検索参照」の二つのスタックを柱にするつもりでしたが、いろいろやっているうちに「すでに知的生産をしてしまったノート」の集まりである「知的生産物」というスタックが必要になりました。

またこれまでに手がけてきたプロジェクト、過去に勉強をしたノートなどのアーカイブ類も「アーカイブ」というスタックを使わないと居場所をつくりにくかったので作りました。。

さらに、Inboxをとりあえずからにするためのバッファ「スクラップ」も残しました。Inboxからどのノートに移そうか、という頭をはたらかせるのが面倒くさい場合、とりあえずここに放り込んでおきます。

これらのスタックの左の▼をおすとぞろぞろとノートブックが現れるのですが、これらはまだ未整理です。

Inboxに保存したノートは、これまではあまり深く考えずどんどんスクラップブックに放り込んで、あとは検索するまで放置、という扱いでしたが、「Evennoteを考えを育てるフィールド」にすると決めてからは、このノートは「知的生産のためにつかうのか」「それとも検索のために蓄積しておく参考資料なのか」ということを考えるようになりました。

私自身がひとつ広がったような気がしています。

知的生産の迷走〜2

先日からEVERNOTEでブログの原稿を書き始めました。左のペインにすべての資料がある、というのは実に豊かな気分にさせられるものです。

勇気と元気がでます。

それはそれでいいのですが、やはり原稿を作りやすいのはWorkflowyや、OmniOutlinerなどのアウトライナーです。

こまりました〜。

それで、今迷走しています。

アウトラインをあうとライナーでつくって、それをEvernoteに持ち込んでから資料などを参照しながら仕上げるというスタイルはどうかなあ、と考えているところ。

Twitter録

そうしたら、たけさんに激しく共感していただきました。

 

激しい共感はうれしいものです。







Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-06 知的生産の魅力, Evernote, よもやま新聞
-, , , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.