03 知的生活日記 10 黎明記

知的生活日記 マニュアル・マニアのひとりごと〜「愛しいWordの愛しいマニュアルにささげる」に捧げる

更新日:

愛しいWordの愛しいマニュアルにささげる:Word Piece >>by Tak.:So-netブログ


今日は、このブログを読むことができて幸せでした。

ここに書かれていることには心から共感します。マニュアルのことです。

F1000388.JPG

右上に、まばゆいばかりの分厚いマニュアルが・・・!!

昔はソフトを買ったら、それなりの値段のするソフトには分厚いマニュアルがついていたのです。

どんなに高いソフトウェアでもせいぜいCD1,2枚の時代。今でも状況は同じで、昨年買ったAdobeのMaster Colectionなんてアカデミックでも13万くらいしたのに、ついていたのは2,3枚くらいのDVD。

それだけのお金を出してかったモノという所有欲は、DVD3枚では満たされないのです。

 

しかし、20年前は違っていた。

僕は趣味で3DCGをやっていて、そのために当時30万円もだして、実際に映画作りにつかわれていたソフト「Lightwave3D 5.6」を清水の舞台から飛び降りたような気持ちで(2年間のローンを組んで)買ったのですが、その時についていたのが3cm位の分厚いマニュアルが3冊!チュートリアル、リファレンス、なんたらかたら・・・。

本体はCD1枚なのですが、この分厚い3冊組のマニュアルが、それだけのお金を買った代償であるかのように、私の所有欲を満たしてくれたのです。

だから、変な話だけど、せっかく大枚はたいてとんでもない高性能のソフトをかったのに、ソフトを起動して作品を作るよりも、マニュアルをあくことなく隅々まで読んで「はあああ」と溜息をついて至福の時を感じている、というような、なんだかそんな。

近頃で、お金の額に似合うような所有欲を満たしてくれたのは、2008年に買った作曲ソフト Sonar8.5 が最後です。上の写真です。これにもかなり分厚いマニュアルが入っていて、それさえ読めばこのソフトの機能は全部わかるという安心感を与えてもらいました。

 

今では、寂しいもんです。

先日、8万円も出して(これでもアカデミック価格)あるソフトを買ったのですが、本のマニュアルを手に入れるには8000円ほども出して別売のものを買わなきゃいけないようになっていました。

MasterColectionは30万円くらいするのに、うすっぺらいケースに3枚ほどのDVDが入って、ただそれだけ。マニュアルはすべて電子化されています。

電子書籍で十分の人はかさばらないからそっちの方がいいとお思われるでしょう。

しかし、私は、マニュアル・マニアなのです。

かさばろうが、どうしようが、本のマニュアルをかかえて眠りにつきたい。

だから、上のブログのTak様のように、わたしも20年、いや25年前のDos版の花子とか一太郎の頃からのマニュアルを大事に持っています。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-03 知的生活日記, 10 黎明記
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.