02 アプリたち workflowy マインドマップ

Workflowyとの出会いによってマインドマップを描かなくなった件〜マインドマップとアウトライナーの共存をめざして

更新日:

img_20080810T123525315

img_20080810T123528059-6edf2

マインドマップ歴は10年

マインドマップにはじめて出会ったのは2004年頃。当時フォトリーディングをなんとか習得しようと思っていた時、ある本に
読んだ本をマインドマップにまとめる方法がのっていました。これがマインドマップとの出会いです。

その後、何枚ものマップを描いてきました。

  • 勉強
  • レポート
  • 取材されるときのノート
  • したいことはなんなのか、考えをまとめる
  • 読書ノート

この夏、20個ほどのマインドマップを描いた | 教師の知的生活ネットワーク

「転記をおそれない」むしろ積極的に転記する | 教師の知的生活ネットワーク

子どもにも書き方を教えました。たとえば、社会の学習の振り返り、「武士の世の中をマインドマップでまとめてみよう」など。マインドマップを知っておくと、勉強、アイデアだし、企画立案などさまざまなことに役立つので、未来へのプレゼントのつもりで教えてきました。

子どもたちは実に上手に、はまって書きます。

マインドマップとアウトライナーの明確な棲み分け

WORDのアウトライナーしか知らなかった頃は、マインドマップとアウトライナーには明確な住み分けがありました。

何かのアウトプットを目的にしたものは自然にWordのアウトラインで作っていました。論文やレポートなど形として人に示す目的だったのでWordでつくりましたが、勉強や考えをまとめるということのためにわざわざWordのアウトラインを使うことはありませんでした。

勉強、読書メモ、考えのまとめなど、何らかの形としてまとめる意図のないものは、マインドマップ一択でした。

みなWorkflowyで担えるようになってしまった

ちょっと前ならマップをかいていたような事項が、今Workflowyの中にたくさん残っています。

テレビのドキュメントやニュースのメモや、読書メモ、会議や研修・講演などでのノートなども以前はマップを描いていましたが、今はWorkflowyで書いていることが多いです。

整形しやすかったり、おりたたんで残しておくことができたり、簡単に使えたりというような理由からです。わざわざマインドパップソフトをひらくまでもなく、すんでしまいます。

そういうわけでWorkflowy以降マインドマップをつくらなくなってきたのです。

マインドマップの復権

マインドマップとアウトライナーとは、そのプロセスが実に似通っています。

何かのテーマから派生するさまざまな考えを書き出し、そこに親子関係をつくっていくというのは実に似通ったプロセス。だからマインドマップソフトのMindManagerではWordのアウトライン機能とのやりとりをすることができました。
MindManagerである程度の形をつくり、それをWordにエクスポートして本文をうめていく、というような使い方をしていたこともあります。

つまり、マインドマップとアウトライナーにはとても親和性があるんです。

だからこそでマインドマップでやっていたことをWorkflowyでも担えるわけです。

マインドマップのよさ

しかしマインドマップにはアウトライナーにはないよさがあります。

センターイメージからたくさんのブランチがわかれ、あたかも脳内のニューロンのネットワークであるかのような外観になるマインドマップ。マインドマップは脳の中の様子をそのまま紙に写しだしたものといってもいいですね。だから実に直感的、感覚的だ。図であるからぱっと頭に入ります。
ninomiya
2Dとしての広がりがあるので、勉強のマップなどは、全体が絵として頭に入り、どの位置にどんなことが書いてあった、というような記憶が可能です。

マップそのものを会議で提案したり、研修会のレポートとして提出したことがありますが、全体像がつかみやすく、7年前に会議で提案した資料などは「絵」としてなんと今でも頭の中におぼえているからすごいです。

アウトライナーではこうはいかないですね。

「覚える」とか「後から参照する」とか「示す」など、そのような用途ではまだまだマインドマップの出番はたくさんあります。

これからは、アウトライナーとマインドマップをうまく共存させ、知的生産にむすびつけていきたいものだなあと思っています。

 

img1db0b651zikazj







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, workflowy, マインドマップ
-, , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.