Evernote 教師の仕事術

【過去記事修正】教師のためのEvernote活用術

投稿日:

ever

教師のためのEvernote活用術

教師のためのEvernote活用術



大層な名前ですが、4年ほど前、上のような記事を書きました。今回ちょっとhタグなどがおかしくなっていたのを修正したのですが、あらためて読んでみると、今考えてまとめているEvernote活用の方法についての大枠がこの頃からできていたんだなと思いました。

教師は、子どもたちの学びを助けるために考えうる限りの準備をする必要があります。たくさんの資料を集め、最良の発問を準備し、最良の組み立てをあれこれと考えなければなりません。

そのための資料置き場として、アイデア構想の場として、立案の場として、そして指導の記録・保存の場としてEvernoteは最適です。

Evernoteはまさに教師のためにあるようなもんだと思っています。

ここでは、授業研究と授業記録の場について書いていました。

「授業ノート」というノートブックをつくり、資料をどんどん蓄積すること

「なんのための」資料かについては、「タグ」で管理すること。「国語」でも「感想文」でもなんでもいくつでもタグをはることができるので、ひとつの資料が理科からも社会からも参照されることが可能になる。これを「国語」とか「感想文」などのノートをつくってそこに資料を入れようとすると、同じ資料をいくつものノートにいれなければならなくなってしまう。だからひとつのものにいくつでも貼り付けられるタグで管理するのが良い、ということ

そして、授業の記録を蓄積していくこと。

こうして何年も積み重ねていけば、きっと自分だけの優れた授業データベースができあがります。

Evernoteには共有機能もあるので、自分のために作ったデータベースが人のために役立つことも可能になります。

 

現在、さらにさまざまな視点を加えて、教師のためのEvernote活用についての考えをまとめているところです。

Scrivenerを使って書くようになって、実に快適に進んでいます。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-Evernote, 教師の仕事術
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.