02 よい習慣を身に着ける

「私は毎朝4時に起きる習慣をつけてそれを卒業まで続けました。」

更新日:

「私は毎朝4時に起きる習慣をつけてそれを卒業まで続けました。それで、学生時代における大部分の問題は解決したように思います。同じ事を習慣付けてやるということは仕事をする上で極めて大切なんですね。」渡部昇一

これは、私に「知的生活」ということを教えてくれた渡部昇一氏の言葉です。

「同じことを習慣づけてやる」

これは難しいことだけれども、とても魅力ある言葉です。

続けさえすればそれが力になり、大部分の問題が解決するというのですから。

私も20数年前になりますけどこの言葉にあやかって、4時はできあかったけど5時におきることを1年間続けたことがあります。日曜も祭日もなく、本当に1年間続けました。

たった1年でしたが、驚くべき効果がありました。

私にたりなかった「自信」が生まれたのです。

それまではレポートのアイデアが浮かばなかったり、与えられた課題の解決法が思い浮かばなかったりなどで、夜中すぎて午前2時、3時までもかかってなんとか形くらいは仕上げるということを続けていました。だからこんな仕事をすることに自信がなかったし、できた仕事への自信もありませんでした。かけた時間の割には中途半端だったのです。

ところが5時おきを始めてみると、あたまが軽快にはたらくのを感じました。

昨日の晩、指導案を書き進めていてつまずいてしまってどうしても進められず、そのままあきらめて寝てしまったのですが、なんとアイデアが次々とわいてくるのです。袋小路に迷い込んでいた考えの先に、つぎつぎにたくさんの出口が現れたような感覚でした。

こういうことが次々に起こりました。

いくら読んでも頭に入らなかった指導書が、5時に起きてみるとすらすらと頭に入ります。

通知表に書く子どもの所見がすらすらと書けます。

家族が寝静まっていて静かな中で、自分だけの2時間がひろがっていました。

 

こうして、朝の時間の素晴らしさを知った私は、なにか考えにつまずくことがあると、早々に寝れば良い、という自信が出てきました。

それまでは、仕事が片付くまで2時までも3時までもかけてだらだらと片付けていたのが、12時になったらさっと寝るようにしました。翌日の5時になったら解決できるという自信がうまれたんです。

そうして、実際にそのようになりました。

 

この1年間は、おどろくように勉強が進み、レポートや指導案などがすいすいと進み、朝方までかけないとかけなかった所見がどんどんすすむすばらしい体験をしました。

インフルエンザにかかって中断しなければ1年どころかずっと続けていたかもしれません。インフルエンザがなおってからまた5時おきを復活しようと思ったけども、残念ながらその後復元することはできませんでした。

 

その後、何度も挑戦しましたが、しばらくは続くけれども結局習慣化できるまでにいたりませんでした。

でも、下の記事で書いたようなこともあります。

【考える】中断してもなお「継続」する復元力 | 教師の知的生活ネットワーク

 

 

 

何度も5時おきの復元に失敗していますが、何度も5時おきの復元を繰り返しています。

yukigassen2







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 よい習慣を身に着ける
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.