02 アプリたち workflowy

【その2】Outlinerを外へ持ってでるということが、私の中でいかに革命的であるのかを歴史的観点から示してみた

更新日:

昨日の続きです。

長々とこれまでのことを書きましたが、今回のOutlinerの外への持ち出しもこれだけのそうそうたる歴史的出来事(!)と匹敵するくらいの大きな出来事になりそうなんです。

なぜアウトライナーの持ち出しが革命的なのか

それはパズル感覚であちらこちらを文章で当てはめていくことで、いつの間にか筋の通った長い文ができてしまうということだといえます。

たとえば、Scrivnerでアウトラインを組み立ててDropboxとSyncしたら、Dropboxの指定したフォルダにいくつものテキストファイルがこれから文をいれていく箱として準備されています。

その中から1つ選んで、「今日はこれを完成させよう」というようにノートひとつひとつを書いていくのがとても心地よいのです。

安心感というか。今はこの文を書くことに集中して、そのことだけを考えて書いていけば、正しい通り道を通っていつかはゴールに行き着くという安心感。

 

モブログをしていて思うことですが、文が長くなってくるとだんだん意味の通りがちぐはぐになってきます。

「あれ?こんなことを書きたかったんだっけ」と、途中から知らないうちに路線がかわっていることに気がつきます。

そのうち書き始めたことと展開がどんどん変わってしまって後で読んだときにコースがそれてしまってることに気づくことがよくあるんです。

立花隆さんくらいになると、それはそれで価値があることだと言っています。最初にプロットを決めておくのではなく、書き流しをしていくことで生きた作品にになっていくこともあるというのです。しかし私のような文の素人が書き流しなどしていたらとてもではないが他人様に読んでもらえるような文にはなりません。

だから長い文を書くときには、やはり最終的には文の構成がきちんとできて意味が通るようになっていなければならないのです。

素人は書き流してそのようなプロットがきちんとできた文を書くというようなことが難しいので、何度も読み返したり違ってるところを変えたり、挿入したり移動したりしながらやたらと時間をかけて何とか文が仕上げていくことになります。

 

ところがWorkflowyやScrivnerなどのアウトライナーを使っているとその点がとても機能的に気持ちよく解決できるんです。

思いついたトピックをどんどん書き連ねて言って、出尽くしたらそれらを並べたり階層を変えたりして1つの大きな構造を作る。

これで文のおおまかな構造が出来上がるわけです。

その時その文全体の構造を形作るそれぞれのトピック、一つ一つが空の箱のようなものです。Scrivenerで書きだした一つ一つのテキストファイルのようなものです。Worflowyでいえば、階層で構造化された「アイテム」のようなものです。それぞれが空の箱です。「文章を書いて埋めてくれ」とまっているのです。

その空の箱に1つずつ文章という中身を詰めていく。すべての箱を詰め終わったらいつの間にか全体の大きな文ができている。

こうやってそれぞれのトピックにある文章をTextforceなどを使って膨らませていくと、だいたいしっかりした構造の文ができやすいです。

 

 

そんなアウトライナーを外へ持ち出せるという事は、これらのきれいに構造化された空の箱そのものを外へ持ち出せるということなんです。

外で時間ができたときアウトライナーを開いて箱の中のどれか1つを選び、その中に文章を詰めていけばいい。

前後の脈絡を気にする必要は無い。

すでにそれらは構造化されているのだから。

後先のことは考えず、そのひとつのトピックを書くことだけに集中することができる。

 

こうやって、頼んだ料理が出てくる間、人を待っている間、風呂に入っている間など、隙間時間にスマホでアプリを開き、空の箱を一つ一つ埋めていくことで、いつの間にか大きな文が出来上がっているということになります。

これが、私にとってこれまでになかった、そして今後は革命的に生産力があがっていくであろう大きなトピックになるんじゃないかと思うのです。

まとめ

これまでは論文や本などの執筆作業は書斎の机について行うものでした。

しかしアウトライナーを外に持ち出せるということによって、元来は外で書くのはとても難しいような大きな文も、外で書いてしまうことができるようになったわけです。

Scrivener

  • Scrivener
  • カテゴリ: 仕事効率化, 教育
  • 価格: ¥4,500(記事掲載時)
  • 開発元: Literature & Latte

App Store







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, workflowy
-, , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.