01 知的生活を支える生き方

【考える】みんなに事情がある。山崎製パンの運転手さんにも、そうでない運転手さんにも

更新日:

snowboard

ソチオリンピックもますます盛ん。日本の選手のみなさんも大健闘な今日このごろ、先日このようなニュースが流れました。

立ち往生ドライバーに「好きなだけパン持ってって!」 山崎パン運転手の英断に賞賛の声 : J-CASTニュース

 

 

 

  甲府市で観測史上最多の積雪を記録するなど、大雪の影響を受けた山梨県では、各地の道路で車が立ち往生するなどの被害が発生している。

そんな中、製パン大手・山崎製パンのトラックドライバーの「神対応」がネット上で話題になっている。動けなくなったドライバーに、積み荷のパンを大盤振る舞いしたようだ。

「山崎パン偉い」「リアルアンパンマンあらわる」

「昨日、ヤマザキパンさんのドライバーの方に差入れ頂きました。『好きなだけ持ってってよ!』と。今は談合坂SAで規制解除待機中、大事な食事となっております。ありがとうございました。」

実に心温まるお話。ここのところの大雪被害で大変なことになっている中、こういうことをしてくださるかたもいるのだなあ、と嬉しく思っておりました。

すると、こんな記事が続きました。

山崎製パン、運転手の「英断」に困惑? 株価も評判もウナギ登りだが「コメント控えたい」 (1/2) : J-CASTニュース

 

 

寄せられたコメントはどれも、山崎製パンのトラック運転手の「英断」への賛辞ばかり。インターネットには、非常時に人助けができる人材を抱えている山崎製パンの社風に言及するものもあり、同社の知名度や企業イメージもまた、急上昇しているとみられる。

これに対して、山崎製パンは「とくに会社として指示したものでも、非常時の対応として(商品の配布について)の規定があるわけではありません。運転手が機転を利かしたのでしょう」と話している。

ただ、「当社としては商品が届かず、ご迷惑をおかけしているお取引先のこともあります。この件についてコメントすることはありません」と、J‐CASTニュースの再取材にも一貫して、そう話している。

たしかにそのとおりでしょうね。山崎製パンとしては。

ドライバーが機転を利かしたことについては認めるが、山崎製パンとしてはそのパンが届かなかったことで迷惑がかかったお客様のことも考えないといけません。

「ドライバーがえらい!こういうときには機転を利かせてただでパンを配らなきゃ」、と一概に称賛してばかりもいられない、ということでしょう。

それぞれに事情があるのですから。

さらに、こんな記事も。

積み荷のパンを配れたのには理由があったというのです。

山崎パンのトラックが積荷のパンを配れた理由 - Togetterまとめ



簡単に言うと、そのトラックはヤマザキのトラックだった、自社の積み荷だったから配れたのだ、普通はトラックはお客様の荷物を運ぶものだから、その荷物を勝手に配るなどということはできない、ということです。

1つだけ心配なのは「山パンのトラックが積荷のパンを配っている」という事例をもって、ほかの食品を配送中のトラックに「なぜお前は配らないんだ」みたいな批判がいかないか、ということ。普通のトラックは「客の荷物」を運んでるわけで、現地判断でそれはできない。山パンはものすごい例外なんです。

このツイートをされた方の最後のツイートには考えさせられます。

パンを配れない運転手さんは、「そりゃ、ヤマザキはよかったよ。自社の積み荷だから。私の積んでるのはお客様のだよ。私のじゃないんだよ。簡単にくばるなんてできないよ。事情があるのさ」といいたいところだと思います。

 

ネットではよく美談が掲載されます。読むとたしかに素晴らしい話ですが、それはよく考えてみると、その時、その場面、またはその人限定のものでることがあるんじゃないでしょうか。

一概にそうあるべき、だと思う前に、「事情」ということを一度よく考えてみる必要がありそうですね。

 

 

ところで、こういった「こんなときには◯◯すべき」というのは私達の携わる教育界にもよくあります。

先週あいついで2つのニュースが流れました。

「学力向上が至上命題の今、放課後に空き教室を使った塾をはじめるのだ!」(北九州市)

「学力が低迷している!月2回、土曜授業を復活するのだ!」(福岡県)

それぞれが行おうとしていることについては申し上げることはないのですが、そこからです。

「学力向上のためでしょう!うちも放課後の空き教室塾をすべき!」

「学力が低迷しているんだ。こんなときだからこそ、うちも土曜授業を復活すべき!」

これです。一見正しくて反論を寄せ付けない「べき」論がまきおこり、抗えない雰囲気の中で流されていってしまう、ということがないともかぎりません。

本当にうちに必要な施策なのか。

それとも「人がやってるからうちも」なのか。

 

よそさまにはよそさまの事情。うちにはうちの事情。

やらないうちが悪いわけではないのです。

そこのところをしっかり踏まえて施策をすすめないと、声の大きな人の、抗えきれない「理念」の前に屈する形で施策が打たれるようなことがあってはなりません。

 

・・

しかしそれでも、ヤマザキ製パンの運転手さんに助けられた人は嬉しかったでしょうね。

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-01 知的生活を支える生き方
-

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.