よもやま新聞

【よもやま新聞51】 1/08(2014) 昔、取材を受けて「取材」ぎらいになったことがある

投稿日:

logo

今晩は!Lyustyleです。今日が始業式であった学校は多いのではないでしょうか?子どもたちは、年末年始の激動の忙しさとのんびりさをくぐりぬけてきて、少々ぐったり状態。

これをどう学びの体勢にもっていくのか、それぞれの担任の腕の見せどころといったところでしょうね。そのような内容も、本日子どもが帰った後に学年の先生たちと昼食をとりながら話し合われた先生たちもいたことでしょうね。

 

式の取材を受け、「取材」ぎらいになった

始業式など「式」とながつけば、ニュースや新聞がどこかの学校に取材に来て、新聞に乗ったり夕方のニュースで放映されたりします。

実は、私が過去に務めた学校もテレビの取材を受けたことがりました。もう10数年前にもなります。

卒業式に取材に来たカメラマンが、厳粛な式の場にジーパンのような軽装でやってきて、土足のままステージにあがって上から様子を撮ろうとしていたのでした。取材するのは当然といったような傍若無人の振るまいでした。

これで私は、報道とか取材とかが一気にきらいになりました。取材の名のもとに、これまで一生懸命準備してきた式を踏み荒らされた気がしたのです。心のなかに土足で入られたような気分でした。

時がたって数年前、3学期の始業式の様子の取材を校長が受けてきました。取材は教育委員会の紹介や依頼で学校にくるのです。

自分としては過去の思いがあるので嫌でたまらなかったのですが、新聞記者、TVそれぞれ数社から何人もの記者やカメラマンが来るので、失礼にならないよう懸命に対応しました。

またあの時のような格好で傍若無人な振る舞いをされるのかと思いきや、10年前とは全く違っていました。皆さんきちんとした身なりで受け答えもとても丁寧。子供たちのこともよく考慮した上での取材をしてくれたのでした。

昔の取材とはかなり違っていて驚き見直しました。

今の取材というのは変わってきてるのかな。やはりそれなりに批判があったものをうけて対応されたのだろうと思いました。

それでもやはり取材は嫌。平常通りの気持ちや態度にはなれないから。どこかよそ行きの表情や態度が生まれます。子どもだから。式ならばなおさらです。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-よもやま新聞

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.