02 アプリたち よもやま新聞

IFTTTについて少しだけ  だいたい日刊よもやま新聞 7/26(2013)

投稿日:

今日のニュースから

「日本、また世界驚かせた」電車押し救助を絶賛 (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

電車とホームの間に落ちた女性を、その場に居合わせた人たちみんなで助けたという記事は、世界の国々で話題になっているという。

すばらしいことで、とても誇らしい。

そして、おそらく私がそこにいても同じ事をしただろうな、という自信めいたものがある。

それは私が日本人だからだと思う。よいことをみんなでやっていたら「僕も!」と列に並ぶ自信がある。

・・・そしてその逆もできるだろうな、という気もする。曰く「付和雷同」

それがよいことであろうとよくないことであろうとみんなで「わー」とやっていたらそっちにいってしまうのではないか。

いや、このことをずっと考えて書いていくと、このブログの趣から少しはずれてしまうのでここらでやめておこう。

そして世界の国からほめていただいていることを素直に喜ぼう。

 

今日のアプリ

IFTTT App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

いわずとしれたオートメーションアプリ。

If(もし)This(こうすれば)ThenThat(ああなる)という形で一連の動きを「レシピ」と呼ばれる形でつくる。

たとえば、「写真を撮ったら、Flickrにおくる」とか「Facebookに投稿したら、Twitterにも投稿する」など、「もし◯◯したら□□する」というようなオートメーションをつくるアプリだ。

これまではWeb版しかなかったが、先日iOS版が出て、より協力になった。それは「写真」「連絡先」など、iPhone版ならではのレシピの「具」が使えるようになたからだ。すなわち、「写真を撮ったらFlickrへ転送」などということが簡単に行えるようになったということだ。

私は、これを使い始めてから写真関連のストレスから開放された。

「撮る」だけで後は何もしなくてもFlickrへアップロードしてくれるようになったからだ。

Androidではバックグラウンドで写真をアップロードするのは簡単なことだった。しかしiOSでは制限がかかっているためか、例えばDropBoxのカメラアップロードをONにしておいても撮っただけではアップロードしてくれない。Dropboxを開かないとだめなのだ。

「撮ったらすぐアップロード」を可能にするには、専用のアプリを使わないといけない。私の場合はQuickShotというアプリだった。標準カメラでとってもなにもしてくれないが、QuickShtで撮ったら自動的にDropBoxにアップロードしてくれる。

しかし、「撮ったら」というだけであって、単に「保存」するだけではだめ。編集を加えて作った写真を保存した時には、手動でアップロードしなくてはならなかった。

ところが、このIFTTTを使って「カメラロールに何か画像が保存されたら、それをFlickrにアップロードしてね」というプログラム(レシピといわれる)を指定しておくことで、写真を撮ろうと、編集して保存しようと、それらはすべて自動的にFlickrにアップロードされる。

かくして私は写真を撮る時に「これはすぐにFlickrにアップロードしたいからQuickShotを使おう」とか

「あ!しまった。標準カメラで取っちゃった。あとから手動でアップロードしておかなくちゃ」とか、

Instagramで編集して保存したからFlickrにもあげておかなくちゃ

などといったあれこれと考えることから解放された。

詳しくは、改めて書きます。

 

今日のスマホ利用

 

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち, よもやま新聞
-, , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.