02 アプリたち

Day One 試用開始

更新日:

Day One (Journal / Diary) App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: 無料

Day One App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: ¥850

以前から気になっていたDay One

無料期間中だったので、この機会にとさっそくダウンロードしました。

これを導入するにあたって、しばしいろいろと悩みましたので、その悩みの後に使ってみようと思うまでの過程を残しておきます。

 

7月9日 朝 まだ使うつもりにはなっていない

とても美しいデザインの日記であるが、今のところDropboxとの連携があることが分かっただけで、さまざまなサービスとのやりとりがあるのかどうかまだよくわからない。

同じ会社(とおもわれる)Momentoは、自動的に様々なフィードを拾ってきてくれるので、手を下さなくても自動的に日記ができていくという強みがある。例えば、 MomentoにDay Oneで書いた日記が自動的に取り込まれるというようなことがあれば使ってもいいかなとは思う。

 

Momento App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: ¥250

いくらデザインや機能が優れていても、それを超えるものは将来必ず出るのだから、いつまでもそれだけに頼っていることは考えられない。スタンドアロンのものはいくらよくできてでも使えないということだ。

 

7月9日 夜 使ってみるかという気になる。

DAy One。使うかどうしようか迷っている。とてもきれいに日記が書けるし見返したくなるアプリだ。

問題はこれがスタンドアロン化するのではないかどうかということだ。

できた日記を時間を決めてPDFにエクスポートできるため、エクスポートしたものをEvernoteに取り込むなどしておくことでEvernoteとの連携が図れる。

また、PDFなので、このアプリがなくなったとしても読んでいくことはできる。

テキストによる検索も可能だ。

では、なぜ躊躇しているのかと言うと、私には自動的に日記を作ってくれるMomentoがあるからだ。

つまり、ツイッターの未公開アカウントに記録していくことで、作業のライフログがいつの間にか日記としてMomentoにたまっていくのだ。

ブログやツイッター、 flickrなどのフィードを束ねてくれるため、その日の様々な出力が時系列で1つにまとめられる。

日記を書いているという意識なしに、いつの間にか日記ができている。とても素晴らしい魅力的なアプリの運用だ。

ここにDay Oneが入る余地は本当はない。

入り込む隙があるとすれば、日記としてつぶやいているライフログの出力先がSNSであるツイッターであることだ。

いくら非公開アカウントでも、クラウド上に私のプライベートなデータが残ってることには間違いない。

しかしDay Oneならローカルであるから話は別だ。おそらくこの一点が、 Day Oneが今のMomentoのシステムに切り込んでいく唯一のポイントであろう。

つまり、日記はDay Oneで行い、Momentoの方が私が出力したフィードを集めてある場ということに今後はなっていくわけだ。

 

導入に向けて、メリットとデメリットを考える

入力に関しては、Day Oneを使うと入力がMacとiPhoneとiPadに限られる。しかし、 MomentoならばTwitterのフィードを拾ってくるため、アンドロイドでもPCでもどこからでも可能だ。より入力幅が広い。

しかし写真付きの感想などをTwitterで書くことはできない。非公開アカウントであっても、写真を付けると写真のほうは公開されてしまうからだ。

どこでも入力の場所を選ばないツイッター経由のMomento。

ローカルに保存されるため安心して写真日記が作れるDay Oneか。(もちろんMomentoはFlickrを拾ってくるので結果的に写真日記にはなるのだが・・)

 

ツイッターの非公開アカウントで作業ログをとっていく方法は、始めてから4年以上にもなる。

実に簡単な方法だった。 Twitterのクライアントはいくらでもあるからだ。

しかしDay Oneにすると、いつでもiPhoneを持っていなくちゃいけなくなる。

しかし、iPhoneをもっていようがもっていまいが、くるくる忙しい時などはその場その場でツイッターに作業ログを取っているような時間はない。

結局今やってるのは夜の11時半くらいから1日の振り返りの時間をつくって、日記を書く要領でTwitterにつぶやいているだけだ。これならば、夜、Macを開いてDay Oneで書き込んでも全く同じことではないか。

Momentoにログを蓄えていって、そのMomentoを後から見返しているか。

残念ながらほとんどしてはいない。なんどか、仕事をしていてMomentoに記録している記事を検索してある事務手続きをいつどこで行ったのかを確認できて助かったことがあるだけだ。

それならばDay Oneを使って楽しく書いていってもよい。何もMomentoにこだわらなくてもいいわけだ。

ダブルスタンダードへの不安もあり、1ヶ月試用ということに
しかし日記はDay One、フィードをMomentoと分けてしまうと、ログがダブルスタンダードになってしまう。

これについてはどうだろうか。これまで、ダブルスタンダードにすることはあまり好きではなかったが、ここでは一体どうだろうか。大きな問題になるだろうか。

 

ダブルスタンダードが困るのか、一ヶ月間ためして見ることにする。

このような思考過程を経て、その夜Mac版のDay oneを850円だして買い、一応一ヶ月使って見ることにしたのでした。

それから数日たちます。

記録はとても楽しい。写真日記が気持よく書ける。

PDFエクスポートを試してみました。

レンジをしていできるので、始めた9日から3日分をPDFでエクスポートしてみました。

しかし、写真が大きすぎるので1ページに大きな写真が1枚どんと載って、一行の感想が書いてあるだけというようなページがたくさんできてしまい、今ひとつしっくりこない。1ページの中に、もっと小さな写真でいくつもの記事が入っている方が見やすい。

書くのは楽しいが、それをどう利用するか、というところで、今ひとつしっくりこない、というのが実情です。

8月10日頃まで試用してみます。

Day One (Journal / Diary) App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: 無料

Day One App

カテゴリ: ライフスタイル

価格: ¥850







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-02 アプリたち
-, , , , , ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.