01 知的生活を支える生き方

気づき力

更新日:

気づき力ということ

しんと静かなカフェに、あとから入ってきて平気で大声で話をする人たちがいる。

あるとき、コツコツ!と大きなかかとの音をたてて、大声で話をする人たちが入ってきた。

そうして、まるで自分たちだけしかいないかのようにわいわいとはしゃいでいる。

それまではしんとした静寂な店内で、その静寂を楽しんでいたのに一気にやぶられた。

いったいどんな人達かと思ってみてみると、なんとたった二人だったので驚いた。

たった二人でこれだけの静寂をやぶることができていたんだと感心したほど。

 

今もサンダルばきで店内をパタンパタンと音を立てて歩き回って静寂を破っている男性がいる。

静寂を破る、ということにあまり関心がないようだ。

 

どうもマナーが悪いというよりも関心とか気づきの問題だろうと思う。

さっきまで静かで落ち着いた雰囲気だったところに私たちが入ってきて大声でその静寂を破ったんだ、ということにきっと気づいてない。

静かな店内に自分のサンダルの音が響き渡っている、ということに気づいてない。

きっとそれだけのことだ。

 

指摘されれば、「あ・・」ということになるのだろう。

気づきさえすれば、もともとマナーの悪い人ではないはず、すぐに静かにしてくれるだろう。

 

が、誰も指摘などしたくはない。

だから我慢する。

だから気づかない。

 

えらそうなことを言っているが、私にも同じ経験がある。

むかし海外に駐在していた時、飲み会でワインを飲んで騒ぐ私たちに周りから「しっ!」とやられたことがある。

ちょっと恥ずかしかった。

まわりに現地の人達がいて食事を楽しんでいることに気づかなかったのだ。

気づく為に周りから叱責されるのか、何らかの方法で気づくことができるようにするのか。

本当は、それぞれに「気づき力」とでもいうような力育っていないといけないのだと思う。

 QuickShot 2013.06.02 at 10.19.27







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-01 知的生活を支える生き方

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.