教師の仕事術 若い教師のみなさんへの手紙

教師はPinterestしよう!

更新日:

Pintestというサービスがあります。Web上にある画像や写真から気に入ったものを自分のボードに分類して貼り付けておけるサービスで昨年あたりから日本でも使う人は増えて来ました。

多くの人はイラストやクールな写真など、コレクション感覚で写真を集めるのが主な使い方であろうと思います。

だんだん自分の好きな写真で自分のボードに溜まっていくのはとてもうれしいものです。

このサービスを教師として積極的に授業づくりに利用しよう、というのがこのエントリーの主旨です。

その1 Pinterestは教師の授業の資料集めにもってこいです。

授業に関係のある資料として使いたい写真を、ネットワーク上で自分のフォルダにたくさん入れている人は多いと思います。

それと同じことをネット上のPinterestアカウントで行い、なおかつそれを共有することができるのですから教師としては有効に活用できます。

 

その2 自分のアカウントには、集めた絵を貼るためのボードをいくつでも作れる。

 

ボードとは自分のPCの中に作る種類ごとに作るフォルダだと思っていいでしょう。

ここに、江戸時代の着物だとか、ヨーロッパの建物とか、授業で使いたい資料を貼っていくボードを作っておきます。

そしてここにネット上で見つけた写真をどんどん貼っていくのです。もちろん自分でアップロードしてもかまいません。

そうすると家にいなくても自分のPinterestのアカウントを見ることによってそこから写真を引っ張ってくることができます。

自分のボードに貼り付ける時点でその写真の参照元も一緒に表示されてくるので、勝手にその写真を持ってくるわけではなく、必ず参照元を意識することができます

WS000005

 これは、Appleという名前のボードに貼って集めたたくさんのりんごの写真。今17枚あることをしめしています。

 

その3 どんどん「Repin」して写真を集める。

ホーム画面にお勧めの写真や自分がフォローした人たちの写真、または自分がライクしたり作ったボード等に関係があったりするカテゴリの写真がずらずらっと並べられます。

WS000004

それらの中から写真を自分のボードに貼り付けることをRepinといいます。写真をクリックすると、下のような「Repin」ボタンが現れます。

WS000002

Repinボタンを押した途端に、あたかもそれを自分が「釣り上げた」かのように自分のボードに貼ることができるのです。

とても簡単にあちこちから集めてくる感覚はとても気持ち良いものです。

 

その4 検索をかけて表示させることもできる

例えば授業でりんごの写真を使いたい時に、Appleと入れれば世界中の人たちが共有した上質なりんごの絵がずらずらと表示されます、

 

WS000009

どんどん自分の「りんご」というボードに貼っていけばいいのです

WS000001

 

その5 写真はあらゆるところから持ってこれる

持ってくる写真はPinterestという世界の中からだけではありません。

どこかのブログだとか、写真サイトだとか、何かの挿絵だとか、それこそネット上にあるありとあらゆる画像から参照元を明らかにした上で引っ張ってくることができるのです。

自分を通じて、ある人がブログで世界に公開した写真をPinterestデビューさせるようなものです。

簡単にPinterestのボードにはりつけるために「Pin it!」というブックマークレットがあります。

それをバーに置いておいて、ボードに貼りたい写真を見つけたらその場でブックマークレットを押せば、今自分のモニタに表示されているあらゆる画像がずらずらと表示されます。

WS000006

その中から自分がPin it!したい画像を選んで画像が真ん中にあるボタンを押すことによって自分のボートに貼り付けられます。

ここから自分が貼り付けたいボードを選べます。

ボードは、保存するときに新しく作ることもできます。

WS000003

 

その6 使えそうな写真を集め出すとんあまりに楽しくて何時の間にか時間がどんどん立ってしまう

10分間すきま時間ができたからPin it!するとか、

何曜日、何時に時間を決めてPin it!するとか、

そもそもそのための時間は使わず、普通にブログなどを見ていて使えると思った時にPin it!するとか、

それぞれの工夫をしましょう。授業のためのコレクションに時間をとられてしまう、という本末転倒なことにならないように。

 

その7 集めた写真をブログに使わせてもらうのも簡単。

写真をクリックすると写真が大きく表示され、右側にその利用の選択肢が現れます。

そこからEmbedというボタンを起こせば、サイズと貼り付け用コードが表示されるので、サイズを調整した後貼り付けコードをコピーしてブログに貼ります。

WS000007

WS000008

そうするときちんと参照元付きでブログに表示されます。

WS000011

可能だったら、そこから作者のページをたどって、画像ブログに使わせてもらった旨をお断りをしておくとよいでしょう。

 

その8 そのうち、自分がほしいと思ってる写真をたくさん集めている人に出会うことがある。

そしたらその人フォローします。

そうするとホーム画面にその人が共有した写真がずらずらっと表示されてくるようになります。

また、自分のコレクションが充実してくるにつれて、自分の集めている写真と同じ感覚を持った人が自分をフォローしてくれるようになります。

そうするとその人とのつながりでまた写真が充実していくということになります。

このように、Pinterestをするということは、単にネットワーク上にいつでも写真引っ張ってくれるクラウドの仕組みを作るだけでなく、 SNSとして人とのつながりの中でさらに写真の質が高まっていくという良さを作り出すことでもあるのです。

 

その9 中には、イラスト系の画像専門サイトのように、Pin it!することができないサイトもある。

そういう場合は無理に集めてこようとしないのが見識といいうものでしょう。

 

その10 Tumblrと連携することもできる。

ネット上で画像を見つけた時、 tumblrに登録しながら同時にインタレストにクロスポストすることができます。

私はネット上で情報を見つけて共有したいと思ったら、まずtumblrに登録しそこからevernoteやTwitterや自分のローカルやPinterestにその中から選んで同時投稿するようにするようにし始めたところです。

 

まとめ

以上のようなしくみで写真を集め始めたら、

授業にとって有用な写真がSNSの効果によってどんどん集まってくるようになります。

また、「参照元」を常に意識できる、ということが授業に使用するということにとって重要なことであると思います。

ということで教師にとってPinterestを使う価値は大いにあると思います。







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-教師の仕事術, 若い教師のみなさんへの手紙
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.