若い教師のみなさんへの手紙

「黒板の字、まっすぐ」という検索語で来られた方へ

更新日:

今日、サイトの状況を調べていたら、「黒板の字、まっすぐ」という検索語でお見えになった方がいらっしゃいました。

いったいどのページが検索されたのかな、と思って自分でも検索してみたら、まさにその検索語どおりのエントリーを書いてました。Googleの3つめに表示されてました。

 

2008年の12月頃描かれた記事です。

 

黒板の字、まっすぐかけますか? | 教師の知的生活ネットワーク
まさに検索語のとおり

 

Googleで検索したページを見ると、この「黒板の字をまっすぐに書けない」という悩みをもっている人が結構多いんだな、と思いました。

そしてきっと、その方はこれから一生懸命に自分の技を磨いて教師としての力量を伸ばしていこうと意欲まんまんの、まさにスタート地点にたっていらっしゃる方ではないかと勝手に推測しました。

 

私たちのすごしている「教育現場」という社会には、昔からそれこそ幾千万といったさまざまな裏ワザ的なものがあふれています。

そしてそれは日々生まれ続けています。

これを精選し、だれが使っても同じような効果を生み出すことができるように論文という形で示し、それを集めようとした運動が20世紀の終わりに一大潮流を巻き起こしました。

「教育技術の法則化運動」といいます。

私自身は直接その運動の中に身をおくことはありませんでしたが、そのコンセプトにはいたく感銘し、サークルをつくって毎週勉強会を行なっていました。

それぞれのメンバーが持ち寄った実践をみんなで追試して、うまくいったものを共有しようとしたりするなど、本当にエネルギッシュに学んでいたことを思い出します。

 

このサークルのように同じ志や目標をもった仲間があつまって自主的に行うサークルを「ヨコの研究会」というならば、

師弟や、先輩後輩などの縦の関係の中でフォーマルな雰囲気の中、厳粛に厳しく学ぶ場を「タテの研究会」ということができます。

わたしはどちらも大切だし、どちらか一方ではだめだと考えています。

詳しくは下記のエントリーを御覧ください
ヨコの研究会とタテの研究会 | 教師の知的生活ネットワーク

 

 

教育技術の法則化運動は、運動が始まった時から予定されていたとおり20世紀中に解散され、TOSSランドという形で連綿と現在に続いています。

ここにはたくさんの選りすぐりの技術が登録されています。

先生がたの中には、何かを調べるときまずここに来る人も多いのではないでしょうか。

ぜひ、たくさんの技を学んで自分の授業力向上に活かして欲しいと思います。

そして、ぜひ、それらの技を生み出す人になっていただけたら

そして、今度はそれを次の代に引き継ぐ役目を担っていただけたらとてもありがたいと思います。

 

 







メルマガ「知的迷走通信」

登録

「知的ジタバタ日記」「あなたの背中をおすトピック」「Lyustyleの目からウロコ」など,週3~4回,朝7時に発信します。
皆さんと一緒に楽しく成長できたらと思っています。

lyustyle
無料です。解除も自由です。下のリンクよりご登録ください。Lyustyleの設置した安全なページです。


登録するとすぐに第1回目のメールが届き,その後,3回ベーシックコンテンツが届きます。

Lyustyleメルマガ「知的迷走通信」

Lyustyleの本

kindleで読める電子書籍を書いています。2017年6月現在2冊の本を出しています。


 


現在,教育ちゃんねるで連載している記事から,3冊目の本を出版予定です。


 



よろしければ、購読の登録をしていただければ幸いです。


follow us in feedly

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

にほんブログ村


-若い教師のみなさんへの手紙
-, ,

Copyright© 知的生活ネットワーク , 2017 All Rights Reserved.